2009年06月21日

雨の日の過ごし方

雨の日曜日、
補助金の申請書を書かなければならないのに
本屋に散歩

そして散財・・・


京都に行きたい人、
いやっ京都を案内しなければならない人必携(笑)

京都美術鑑賞入門 (ちくまプリマー新書)

京都美術鑑賞入門 (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 布施 英利
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 新書





藤森さんの文章がいいのよ

奇想遺産〈2〉世界のとんでも建築物語

奇想遺産〈2〉世界のとんでも建築物語

  • 作者: 鈴木 博之
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本





↓定期購読中の3冊↓

住宅建築 2009年 07月号 [雑誌]

住宅建築 2009年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: 雑誌





建築知識 2009年 07月号 最新 断熱・エコ設計 実践マニュアル [雑誌]

建築知識 2009年 07月号 最新 断熱・エコ設計 実践マニュアル [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2009/06/20
  • メディア: 雑誌





ディテール 2009年 07月号 [雑誌]

ディテール 2009年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 彰国社
  • 発売日: 2009/06/17
  • メディア: 雑誌




ちょうど10000円♪

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ちくまプリマ−新書は中高生向けの本なのですが、
つい読みやすくて・・・(赤面)
マンガを買わなかったから良しとする!

banar.jpg








posted by TOY-order at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

またくだらないモノを買ってしまった・・・

事務所の本棚には建築雑誌や、建築関連の専門書、
最近は内田樹の難しい本などが並んでいます。
しかし、
見えないところには非実用書がどっさりあったりします。
最近はほとんど増えなくなってきましたので、
「ボクも大人になったなぁ〜」なんて囁いたり(赤面)

それでも気になる非実用書はたくさんあり
本屋さんに行くたび「大人買い」という甘い誘惑に誘われています。
そしてやってしまった・・・

上京アフロ田中 6 (ビッグコミックス)

上京アフロ田中 6 (ビッグコミックス)

  • 作者: のりつけ 雅春
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/03/30
  • メディア: コミック




高校編、中退編は我慢しましたが、上京編を一気に大人買い!

だいぶ前のことですが、
コンビニで立ち読み中に笑いを我慢して呼吸ができなくなった話が
どうしても忘れられず・・・

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
3巻の真ん中辺りの話、
友達とパンツ一丁で雨の中、
テントを担いで「ソイヤー!!」「ソイヤー!!」って、ぉぃ!
久しぶりにコミック読みながら声出して笑っちゃったよ。

真面目な文章を期待して来た方、ゴメンナサイ・・・

格好いい設計事務所のブログ目指してるのに・・・また汚点・・・


機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18)  ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)

  • 作者: 安彦 良和
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/12/24
  • メディア: コミック





MOON LIGHT MILE 18 (ビッグコミックス)

MOON LIGHT MILE 18 (ビッグコミックス)

  • 作者: 太田垣 康男
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: コミック




一緒に買った・・・恥の掻き捨て!
posted by TOY-order at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

白いたい焼き!

常陸の家」に行って来ました。
日曜日でしたが現場は動いています。大工さんご苦労様!

その前に、遂にゲットしました。白いたい焼きちゃん♪
hit173945.jpg
現場近くのうどん屋さんで「白いたい焼き」情報を耳にし、発見!
たいやき本舗「藤屋」常陸太田店!

白い皮のモチモチ感がたまりません!
ホームページを検索したら、いわき店もありました(←遅れてる?)

はいはい、
本題はここからです。
hit110317.jpg
建物は外壁の下地工事が始まりました。

建物の耐久性能を確保するためには、
木材を腐らせる水蒸気とどのように関わるかがポイントです。
特に壁の中の乾燥状態は、建物完成後には全く見えませんので
寒冷地ではキノコが生えていた事例があるそうです、
寒冷地ばかりではありません、
浴室廻りで発生するシロアリ被害などは、
浴室の湿気が大きな要因なのです。

この現場では、
断熱工事と同時に室内側に防湿シートを貼り
壁内へ水蒸気が進入するのを防いでいますが、
水蒸気は酸素より小さな分子ですので全てを防ぐことは不可能です。
壁内に入ってしまった水蒸気は、
壁内外の温度差で(結露)水となって木材を腐らせる前に
速やかに建物の外に排出しなければなりません。

hit110435.jpg

壁内を乾燥した状態で保つため、外装材の裏側に通気層を設けます。
何の動力もない地味な空間ですが、かなり効果があります。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
外壁通気層は夏の太陽で建物表面が高温になった時にも機能します。
壁表面が高温でもすぐ裏で空気が流れていますので
室内までその熱が伝わりにくくなります。
屋根に通気層を設けると、
2階の天井面から暑さが攻めてくる現象も無くなるのです。
(もちろん断熱がきちんと施工された上での話です)
posted by TOY-order at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

建築申請memo

建築設計事務所には設置する義務がある図書があります。
建築基準法なんかがそれです。
本棚を見ると、2006年版・・・(汗)
解説本である建築申請memoは2005年版・・・(滝汗)
建築の法律が毎年変わっているのにこれは拙い状況です。
慌てて探すと、
スタッフさんの基準法が2008年版でしたので
取り敢えず申請memoを新しくすることにしました。



アフィリエイトも古いぞこのやろ!

いや〜
4,095円
技術書は高いね。
1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
申請memoに付いていた謎のビニールカバーが無くなっている。
前から無駄だと思っていたのですが、
これっていつから無くなったのかしら・・・あはは・・・

業務連絡:
4月12日(日)に、
郡山市ビックパレットでしゃべりの仕事をします。
詳しくはこちら→ 4.12福島.pdf
posted by TOY-order at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

『橋本治と内田樹』

29日に予定しているしゃべりの仕事で使う写真を整理しながら
何を話そうかあれこれ思案中です。
考える仕事に向かい始めると(何故か)足は本屋に向かい、
気が付くと建築雑誌やら何やら手に持っていて
レジで8000円とか支払っています。

今回購入したのは、




そう、
内田先生の本は最近頻繁に出版されるため
今年に入って4冊目の購入です(←どんだけ好きなの?)

そして気に入ったのが、先生の前書きです。

「祝福」というのは、ちょっとわかりにくい言葉だけれど、
そのいちばん素朴な形態は「国誉め」である。
「国誉め」というのは、小高い丘に立って四囲の風景を仔細に叙して、
「民のかまどはにぎわいにけり」と告げることである。
山の緑がどれほど深いか、谷川の清流がどれほど透明か、
鳥や虫の鳴き声がどれほど多彩か、
人々はどんなふうに日々のたずきの道を整えているか。
そういうことを淡々と記述することによって、
「このように世界があることは、わりと奇跡的なことなんだよ」と
教えてくれることである。
同じ意味で、
「右に見える競馬場、左はビール工場」と歌ったユーミンも、
「江ノ島が見えてきた。俺の家も近い」と歌った桑田佳祐も、
「長崎は今日も雨だった」と歌った前川清も、
「国誉め」の伝統をただしくふまえている。
それらの歌曲が「国民歌謡」として久しく歌い継がれているのは、
それが「祝福」の本義にかなっているからだ。

僕たちのいる世界をきびしく批評する人はたくさんいる。
「社会はこんなふうにあるべきではない」と言う人はたくさんいる。
けれども、僕たちの日々が「こんなふうにあることは、
もしかすると奇跡的なことかもしれない」というかたちで
「祝福」を贈ってくれる書き手はほんとうに少ない。


私が所属する建築設計業界で、
「国誉め」をする人がどれだけいるだろう。
自分の作品を自画自賛する人はたくさんいるが、
敷地に立って、そこから見える景色に価値を発見し、
それを言葉にして残すことを行っている人は
どれほどの確率で存在するのでしょう。

そんなわけで、
1月29日(木)・2月8日(日)と、
しゃべりの仕事が続きますが行く先々で「国誉め」をしてきます。
今年の目標です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「常陸の家」では、
周辺の景観、自然、気持ちいい季節風、古い建物の魅力など
すでにかなりの「国誉め」をしていたことに気が付きました。
なるほど、性に合っているかも(笑)

追記2:
ブログを更新している間に、主催者から配付資料の催促が来ました。
急いで資料を整理します(汗)

業務連絡:
1月29日(木)午後1時半よりしゃべります。 案内はこちら
2月7日(土)8日(日)見学会 案内はこちら
2月8日(日)午後2時よりしゃべります。 2.8常陸太田プログラム.pdf
posted by TOY-order at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史の勉強をちょっとだけ

お客様の一人が歴史の先生だったりします。
中学の頃から理系人間でしたので、
社会科と国語はできるだけ勉強しない努力をしていました(赤面)

ちょっとした会話のハシハシにボロが出ないか
打ち合わせの度に緊張していたときに
日本史のおさらい」という本を発見!
早速購入、そして一気読み!

この年齢になって日本史の全体像(中学レベル)を把握!!
いつまでも建築バカではいられないのよね・・・
ちゃんと勉強しておけば良かった・・・

その他、
現代思想のパフォーマンス

東京建築物語

藤本壮介――原初的な未来の建築

時間を見つけては読んでいます。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
藤本壮介さんの設計は年々進化しています。
かなり若いのに、既に追いつけない次元で活躍中!
ボクも頑張らないとね。
posted by TOY-order at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の身体は頭がいい

事務所で図面を描いていると
ほとんど外出しない引き籠もりのような生活になります。
そんなときは本屋さんに行ってリフレッシュするのが基本パターン!

当然、建築雑誌以外に仕事と関係ない本も購入します。
ここ数年お気に入りの著者である「内田樹」の本は
発見と同時に購入です。




今回読んだのはこれ!文春文庫版(571円)がオススメ♪

ブログの寄せ集め+武道についての論文という構成ですので、
半分はどこかで読んだことがある内容なのですが、
この読み返しが意外に楽しい。
ブログの読み返しではこのカテゴリーでは読めないので
新たな「気付き」の連続となります。

ミラーニューロン細胞、コミュニケーション感度、キマイラ身体
なるほど、なるほど

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
読み始めると仕事が止まる・・・
これじゃ気分転換とは言えない・・・
posted by TOY-order at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

広報誌

設計事務所を主宰しておりますので
事務所には様々な企業広報誌が届きます。
公共料金の請求書などにも小さなパンフレットが付いています。
理系人間ではありますが、割と文字好きですから
数年前までは、こまめに目を通していたりしたのですが
最近はパラパラめくってそのままゴミ箱行きが基本コース。

まだ読み終えていない文庫本や、小説、建築の専門書、
そうそう、買ったままの建築雑誌さん!
この方々からの痛い視線に耐えながら
半分広告のような文章を読むなんて私にはできません(笑)

そしたら「住○生命さん」やってくれます。
「自己変革を応援する○友生命の本の情報誌」
とサブタイトルが付いた広報誌を置いていくではありませんかっ!
以前見かけた気になるタイトルや表紙の本も紹介されていて
ついつい読みふけってしまいました。
おまけに、読みたい本も数冊誕生しているし・・・
やられました。完敗宣言!
(なんて小憎らしいものを用意するのっ!)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
銀行に行くついでに本屋に寄ってこよう。
昔読んでいた「宝島」って雑誌のブックレビューを思い出しました。
あのころは、かなり影響を受けていましたね♪
幾つか読み損ねた本のタイトルを、今も覚えています(プチ赤面)
posted by TOY-order at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

2世帯住宅を計画中

建て主はお父さんなのですが、
娘さんの発言にもかなりのパワーがあります。
さて、どちらを擁護するのが得策か?

といいつつ、



と、



を、2冊同時に購入♪

どちらもイメージぴったりでして、例によって衝動買い(笑)
さて、
みんなが喜んでくれる家づくりをしますよ〜〜

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
技術書ばかり読んでいますので、
きれいな写真を眺めるとワクワクしますね。
元ネタがばれない程度に利用させていただきます。

追記2:
カリスマ主婦の吉原さんは、
大工さんや左官屋さんの仕事までこなす「スーパー主婦」ですね。
ネット通販のサイトも運営しているそうです。
こちら
白が似合う人だね。

posted by TOY-order at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

ほんとうの環境問題

連休中に「ほんとうの環境問題」を読みました。
41ICTff1gyL__SL500_AA240_.jpg
(アフィリエイト遅いぞ!)

「馬鹿の壁」でおなじみの養老孟司さんと
「環境問題のうそ」などを執筆している池田清彦さんという
強力タッグで
CO2削減の問題点を軸にして現在の地球温暖化対策を
ブームと呼び、めった切りにしています。
アメリカがなぜ京都議定書に参加しないか、
ロシアがぎりぎりになって参加してきた理由は?
どちらも、
排出権のビジネスとして考えているとするとすっきりします。
(地球の将来が不安だからとかじゃないのね♪)
それに対して日本政府が何も考えていないのが問題だとか・・・

そんなことが延々書かれた本です。

後半は2人の対談形式です。
例え話が右へ左へどんどん飛びますので
付いて行くのが大変ですが面白いですよ!

洞爺湖サミットでは「環境立国」としてリーダーシップを発揮するなんてことを言っているようだけども(中略)炭酸ガス排出量削減に関してさらに厳しい条件を飲まされることになったら、それこそ国益を損なう。

P185より      

予言の書とならないことを祈りましょう・・・


↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:







どちらも事務所の本棚にあったはずなのですが・・・
行方不明です(涙)

おまけ:
文科系の人間というのは、どうしても最後にはイデオロギー優先になってことを考えてしまうね。そういう文科系の人間が指導的な立場にあることが多い。なんとかしてほしいよな。モノは精神で置換できず。精神はモノで置換できない、ということがわかっているのかな。

P164より     

養老先生のボヤキです。
ここの詳細は読んだほうが早いですので省略♪
posted by TOY-order at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

リプラン東北 春夏号が出た〜♪

先日、仙台で取材を受けた記事が載っていますので
東北地方にお住まいのあなた!
そうあなたです。
お近くの本屋に急いで買いに行ってください!

私信:
岐阜にお住まいのSさん♪
5月の総会でお渡ししますので、急いで送れ等のコメント禁止!


さて(少し落ち着きました)
かなり宣伝臭くなってしまいますが
リプランの社長のブログは勉強になりますよ!
先日こんな記事や、こんな記事を書いていました。

要約すると
日本の主要都市の平均気温は、
東北と北海道を除くと大きな差がない。
それぞれの都市の光熱費を比較すると
東北、北海道以外の都市の暖房費もほとんど差がない。
それも光熱費全体に占める割合が少なめ。

という内容です(略しすぎですねゴメンナサイ)

そこで、
私が住む町はどのような位置づけなのかを調べてみました。
小名浜の年間平均気温 13.1℃!!!
あれれ?そんなに寒いの?勝手に15℃ぐらいのつもりでいたよ(笑)
その割りに暖房費が少ないイメージがあるのはどうしてでしょ?

困ったときは気象庁のデータを比較します。 
小名浜東京仙台静岡

リンク先をじっくり眺めると色々見えてきます。
夏の気温は東京よりかなり低いなぁ〜とか、
そういえばいわきにはエアコン無しの家がたくさんあるぞ!とか、
日射量は静岡以上にあるのね!!などなど、
つまり、それらが複雑にこんがらがって
平均気温が低いのに寒く感じない町になっているのでしょう。
全国といわきを比較する視点を持つと
もっと色々見えてきそうです。今後のテーマですね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今月のリプランには、
正木屋さん後田工務所さんも載っていますよ!
posted by TOY-order at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

エコ住宅 Q1.0(キューワン)

q10_b.jpg

こんど「リプラン」の取材を受けるので、
ちょっとだけ内輪の営業活動をします。


私が家づくりの勉強をしているNPO法人「新住協」で
これまでの集大成とでも言うべき本を出しました。
北海道メンバーが中心になって
今までの断熱基準よりもどこまで性能を上げれば
暖房エネルギーが半分になるかを研究し、
実際にそんな家をつくってしまいました。
そのときの「Q値」が「1.0」だったものですから
「Q1.0住宅」と名前が付けられました。

その後、
北海道以外の地域でも「暖房費半分の家」が建てられまして
それらも「Q1.0住宅」と呼ばれています。
この本は「Q1.0住宅」の作品集です。
それと同時に、
これまで「リプラン」に掲載された鎌田先生の
ちょっと難しいウンチク話がまとめて掲載されていますので
それを読むだけでもこの本を買ったもとは取れます。

そう、
本屋でこの本を見つけたときに嬉しくて衝動買いしたら、
翌日、新住協から1冊送られてきました・・・
そして先日、リプランの担当者がお土産に1冊持ってきた・・・
      (↑受け取りませんでしたけどね)

注文はこちらからどうぞ♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記(長いです):
ちなみに私が建てた家は掲載されていません。
私が住む「いわき」は東北地方で最も暖かく、
年間の暖房エネルギーより給湯エネルギーが恐らく多いです。
(給湯費は生活スタイルによる差が大きいからちょと語尾が濁る)
断熱材を厚くし、高価な換気扇を設置すれば
暖房エネルギーを4分の1まで減らすことは可能なのですが
その費用を、太陽熱温水器に使うほうが省エネになる環境なのです。
(関東から西の太平洋側の地域はほとんど給湯の方が多い)

私のお客様は、
天気の良い日には、2月でも窓を開けて過ごします。
もちろん暖房は使いません。
(蓄熱暖房はこれができないのよねぇ〜)
そんな生活ができる地域に熱交換型の換気扇は必要なのか?
ちょっと大胆なことを書きますが、
0.5回の能力で24時間換気するのは過剰設計なのでは?
そんなことまで考えてしまいます。

暖かい地域で省エネの家づくりを考えて行きたいと思っています。
そんなわけで、
私の設計した家は「Q1.0住宅」になっていません・・・
正直言うと、熱交換型の換気扇は最後まで悩みました(爆)
posted by TOY-order at 17:32| Comment(8) | TrackBack(1) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

衝動買い♪

2月20日にある「しゃべりの仕事」の準備をする予定でしたが
本屋で運命の出会い・・・


Delicious Lighting 東海林弘靖著




設計屋があれこれ考える照明計画の本ではなく
素人の方ができるだけお金をかけないで暮らしを楽しくする
照明の本です。

最初に実施例のきれいな写真と説明
作業の難易度や効用なども分かりやすく記されています。

ページをめくると材料とレシピとイメージスケッチです。
コスト、作業時間、光源の種類、
さらにはおすすめ商品の型番まで書かれてあります。

これが「光のレシピ」と名づけられ40種類も書かれていますので
もう一気に楽しく読ませていただきましたよ!
今後設計の仕事に役立ちそうなウンチクも満載です。

それから巻末には用語の説明があり
そちらへの案内も各ページに親切に書かれています。
かなりお薦めの1冊ですね♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
変な話ですが、
私との相性が良い本は
書店の棚で私に向かって光ってることが多いです。
今回も最初に手に取った本がこの運命の本でした(笑)
んまぁ〜
かなりの頻度で書店に出没していますので
専門書の棚に新しい本が並ぶとすぐ気が付くというのが
本当のところだとは思いますがネ♪
posted by TOY-order at 03:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

専務も買ったのね(笑)

事務所の本棚にまたコミックが増えてしまいました・・・
以前大人買いした「ガンダム」の16巻です。



(↑これは15巻)

材木屋の専務に貸していたのが帰ってきたときに
「16巻出ましたよ」と言うと
「あっ、もう買いました♪」って
設計事務所の所長と材木屋の専務の会話ではありません(赤面)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
大人買いの記事はこちらです(恥?)
posted by TOY-order at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

年甲斐も無く機動戦士(笑)

ちゃんと建築の本も読んでいますが今回はマンガです。

立ち寄った古本屋の100円コーナーで







発見!
近所の本屋で買うべきか悩んでいた本(マンガ)でしたので
迷わず購入♪

ファーストガンダムで設定に無理があった部分が
ちゃんとつながっています。
続きが気になって仕事が手につきません・・・
このままですと本屋で大人買いしそうです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
アムロはいきなりガンダムを操縦できたのではなく
父の書斎でガンダムのマニュアルを覗き見していたのですよ。

お勧めサイト「juneの工作と物欲日記
紙でガンダムを作っています。その完成度が凄いんですよ!必見!
posted by TOY-order at 12:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

「行き」と「帰り」

先日、東京の設計事務所で断熱・暖房の打ち合わせをしてきました。

「東京の設計事務所」って田舎者丸出しの単語ですが、
電車で2時間半かけて「オノボリサン」をしてきましたので
読んで字の如くです。ハイ

前日、打ち合わせの資料をせっせとまとめ、
眠い目を擦りながら常磐線に揺られたのですが、
なかなか眠くならないのでカバンの隅にあった文庫本を開きました。
普段は実用書ばかりで、小説を読むことがほとんど無いですので
本屋で平積みになっている文庫本を1冊買ってから
電車に乗るようにしています。

今回はこれ

探偵ガリレオ探偵ガリレオ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 探偵ガリレオ
[著者] 東野 圭吾
[種類] 単行本
[発売日] 1998-05
[出版社] 文藝春秋

>>Seesaa ショッピングで買う


フジテレビの月9ドラマになったばかりですので
本屋では山になっていました。
ドラマは見ませんので原作にどの程度忠実なのか知りませんが、
主人公の「理系男」が難事件をバンバン解決していく様は
理屈っぽい思考が敬遠されがちな理系男としまして、非常に爽快です。

おまけに、短編集ですので物語の展開が速く
行きの電車で完全に読みきってしまいました。

当然、帰りの電車の待ち時間には本屋へ寄り
続編を購入ですよ!

予知夢予知夢
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 予知夢
[著者] 東野 圭吾
[種類] 単行本
[発売日] 2000-06
[出版社] 文藝春秋

>>Seesaa ショッピングで買う


これも電車内で読破です。
ただ、こちらは少々マンネリ気味ですね。
1日に2冊連続で読むことはお勧めできません。

打ち合わせしてる時間より
小説を読んでいる時間のほうが長い一日でした。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
行きの電車で、読み終えた達成感からウトウトしていたら
上野駅(これまた田舎者丸出し)に到着する頃に熟睡・・・
後の席にいた子連れのママさんに
「あの〜着きましたよ!」と声をかけられました。
同時に「車内清掃のため間もなく扉を閉じます」との車内アナウンス
車両には子どもの荷物をまとめているママさんと
寝ぼけ顔の私しかいませんでした・・・
耳まで真っ赤にして御礼を言い、電車を飛び降りるのです。
見ず知らずの方が心配して声をかけるほど
どこででも熟睡できる体質は「理系男」だからですね。


posted by TOY-order at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

養老先生vs内田先生

この忙しいのに、小難しい本を読んでしまった・・・猛省・・・




「バカの壁」の養老先生と
「先生はえらい」の内田先生の対談本

二人が理想とする師弟関係がツボです。
内田 弟子の方が「これだけ先生に忠実にお仕えしているのに、先生、ちょっと冷たすぎない?」と言うぐらいの先生が、いちばんいい温度だと思いますね。
養老 それでつぶれちゃうような弟子は、もともとしょうがないのですよ。


なんて言いつつ、
二人とも説明好きで、全然意地悪な先生になれないことを認めています。

傑作は内田先生がレヴィナスの翻訳をするときの話で、
自分を棄てて作者に憑依することは、
パンツを脱いで他人の家に入っていくようなこと。
裸でスポッと、<エヴァンゲリオン>に入っていくシンジ君みたいに、
14歳ぐらいの思春期の少年のような、
非常に脆弱で、皮膚の薄い感じにならないと。

って先生、エヴァ知ってるし(笑)

内田先生の本は何冊か読んでいますが、
読み始めると仕事が手につきません。危険です。

この本はユダヤ人のことから始まって、
対話はどんどん横にずれていき、
環境問題や塩害についても書かれています。

「塩害」について最近詳しく聞きかじった記憶があるのですが
どこだったかしばらく悩んで、
私の同級生の小難しいブログだったことを思い出しました。
たまたま手に取った情報がつながっていく気がするときは、
なんとなく調子がいいときですね(←意味不明)


↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
上で紹介した本は、勿論どちらも買って読みましたが、
なぜか事務所の本棚にありません・・・





誰に貸したんだろ?
怒らないから帰って来てください。
posted by TOY-order at 03:42| Comment(3) | TrackBack(1) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

きれいな開口部の家




住宅建築8月号は横内敏人さんの特集でした。
きれいな木造の家が掲載されてありますが、
彼の開口部への執着は一種独特で、ほとんど変態の域です。
既製品のアルミサッシュでは真似できません!
一度挑戦してみたい納まり図がたくさん載っているのですが
そんな予算のあるお客様とはなかなかめぐり合うことはできません!

目の前の仕事をていねいに仕上げていくことが
一番の近道だと信じるしかありませんね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
建築知識の吉田桂二さんの特集と一緒に読むと
さらに勉強になりますが、
かなり打ちのめされます・・・立ち上がれなくなりました・・・
posted by TOY-order at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

この本はいいよ!

建築雑誌を買っても、なかなか読む暇がありません。
本屋で立ち読みしたら見たことがあるページがちょっとだけあり
不安に思って買わずに帰ると、やっぱり事務所のあった!
最近かなりの頻度で『2冊買い』の危機に直面していますが、
貧乏性とはよくできていまして、
脳の奥のほうから「買ってはいけない信号」が発信されます。

さて、
お盆休みに未読雑誌をパラパラめくった感想を書きます。

建築知識8月号



これは良かった!
吉田桂二さんの設計ノウハウがぎゅっと詰まっていますので
設計初心者の方は必読ですね。
今設計している図面を横において読むと
ブルーになります・・・

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
木造は奥が深いです。
posted by TOY-order at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。