2007年07月30日

みたむらくん

深夜まで仕事してると、
現実逃避でブログ書いたりするんですけど、
それでも、
まじめな設計屋さんのイメージは守ってとか考えています(笑)

ですが、今回はちょっと・・・

んまぁ〜読んでください。
私の事務所の奥にある本棚はマンガだらけです。
さすがに最近のはほとんど買っていませんので、
それほどの勢いで増えたりはしないのですが、
このマンガはずっと買っていました。
(あっ!この前「鉄腕アトム」大人買いしました♪)




本当に読む価値の無いダメダメコミックなんですが、
本屋さんをぶらぶらしてると、
新刊が出てないかチェックしちゃうんです(赤面)
今回どうして記事にしたかといいますと、
最近出た7巻で最終回なんですよ〜〜〜
よかった。本気でよかった!
もしこれがゴルゴ13みたいに続いたら、
かなり恥ずかしい本棚になってしまいます。
鍵付きの棚と、もしものときは本棚ごと処分してもらう等の
準備が必要になるところでした。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
やっぱり深夜のブログ更新はハイになりますね。
朝読むと恥ずかしくなります(たぶん)
さて、仕事に戻ります。
posted by TOY-order at 03:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

こんな本を買いました!!!

定期購読している雑誌です。




コンフォルト8月号

浴室の特集ですが、ユニットバスは広告しかありません!
参りました。

最近浴室をまじめに設計していません。
断熱の納まりとか、
コスト感覚だとか、
言い訳ばっかりで、
思考が停止していました(猛烈に反省中)

と言いましても、
最近のユニットバスは気が利いてるんですよ・・・
ショールームに行くと
お客様の目が「ハート」に変わります。
かっこいいお風呂を作るチャンスはかなり減っていますね・・・
(また言い訳してるし!)

んまぁ〜
パラパラ写真を眺めるだけでも心地よい刺激です♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
洗面化粧台ならかデザインされたものを計画しても
それほどコスト増にはなりにくいのですが、
メーカーの既製品はこれまた多機能で、
なかなか、設計のチャンスに恵まれません・・・
(言い訳多すぎ!)
posted by TOY-order at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

こんな本を買いました!!

かなり前から気になっていた本です。




故吉村順三先生の珠玉の名作「軽井沢の山荘」の本です。

小さな家の本といえば



コルビジェの「小さな家」が有名ですが、
吉村先生の小さな家もなかなかの読み応えです。

この家の紹介は



中村好文の「続・住宅巡礼」に詳しくあります。
(上画像は住宅巡礼です。「続」のほうが発見できなかった)

45年前の建物ですが、
時間の経過とともに風景の一部へと進化しています。
こんな家を設計してみたいものです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
今回紹介した3冊はずべて事務所の本棚にあります。
私的な感想ですが、
中村先生の文章のほうがマニアックで私は好きです。
吉村先生ゴメンナサイ!

posted by TOY-order at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

こんな本を買った!

文房具好きである。
そして衝動買い!




普段これといった物欲のない私ですが・・・
参りました・・・

欲しいものだらけです。

渋谷のワタリウム美術館にあるミュージアムショップ
オン サンデーズ」の
エックスシェイプ・ラバーバンド」と
スナップイットアップ・オーガナイザー」を
買ってしまいそうで怖いです(号泣)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
よかった、高いほうが在庫切れです。
でも嬉しくない!!



posted by TOY-order at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

こんな本を買った

先日、
受託建築7月号を買いました。



特集は、難波和彦の「箱の家」なんですが、
それより面白かったのが、
以前紹介した1月号の特集に対する
有名な建築家の感想です。




勉強不足の私は、
ただただ内藤先生の文章に感動してしまったのですが、
さすが有名な先生方は読み込み方が違います。
「ちょっとひねくれすぎじゃない?」という方もいらっしゃいましたが、
なるほど、
私では考えることのできない切り口で書かれた感想は
目から鱗がボロボロ落ちまくりです。
上記2冊は、両方読むことをお勧めいたします。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
「箱の家」の特集記事には、
室内環境の文章が小さい字でたくさん載っています。
まるで「建築知識」のような状態ですが、
私にはちょっと物足りないないようでした。
自称断熱オタクです。スマン!

posted by TOY-order at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

せっかく本屋に行ったので、

建築雑誌も買ってきました。

CONFORT (コンフォルト) 2007年 04月号 [雑誌]CONFORT (コンフォルト) 2007年 04月号 [雑誌]
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] CONFORT (コンフォルト) 2007年 04月号 [雑誌]
[著者]
[種類] 雑誌
[発売日] 2007-03-05
[出版社] 建築資料研究社

>>Seesaa ショッピングで買う


画像は先月号です(スンマセン)
今月の特集は「土と左官の力」で、かなりの量の記事があります。
先日買った

チルチンびと 2007年 05月号 [雑誌]チルチンびと 2007年 05月号 [雑誌]
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] チルチンびと 2007年 05月号 [雑誌]
[著者]
[種類] 雑誌
[発売日] 2007-04-05
[出版社] 風土社

>>Seesaa ショッピングで買う


この雑誌も「土と漆喰の家」という特集でしたので、
既製品の左官材料ではない土壁をつくってみたくなっています。

飛騨にいる友人は、
素人壁塗り隊(史上最大の作戦!)と題して
楽しそうに左官仕事をしています。
羨ましいぞ〜〜〜〜!

さらに、
住宅建築 2007年 05月号 [雑誌]住宅建築 2007年 05月号 [雑誌]
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 住宅建築 2007年 05月号 [雑誌]
[著者]
[種類] 雑誌
[発売日] 2007-04-19
[出版社] 建築資料研究社

>>Seesaa ショッピングで買う


こちらも購入!
最近、かなり気になっている吉田桂二さんの特集です。
建築知識で連載中の[誌上]木造建築学校は
かなり面白く読ませていただいておりますので、
今月号の特集は楽しむことが出来ました。
ただ、編集長とのロングインタビューが無かった点が残念です。

今月号のもう一人の特集が心の師匠「児玉祐一郎先生」です。
先生のパッシブソーラーの本からは、
たくさんのことを学ばせていただきました。

二人の文章は、
最近の設備に頼りすぎた生活に対する視点で共通しています。
「もう少し、外の環境を上手に取り入れようよ」
この考えは私も大賛成です。
がっ!
そのとき設計者には、
敷地の持つポテンシャルを慎重に読み解く能力が要求されます。
うぅ〜!
なかなか難しいことをさらっと言うお二人なのです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


あっ!
締め切りが過ぎているのだ。仕事に戻る!



posted by TOY-order at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新人さんの教科書購入

新人さんに断熱計算や筋交い計算ばかりさせるのもナンですので、
展開図をお願いしました・・・が、
和室が何も判っていない!

そんなわけで、
初心者向けの詳細図集を探してきました。

現代木造住宅のディテール―基本と応用現代木造住宅のディテール―基本と応用
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 現代木造住宅のディテール―基本と応用
[著者] 井場 重雄高津 昭生菊池 義明武 基雄
[種類] 大型本
[発売日] 2002-12..
>>Seesaa ショッピングで買う


「これで勉強して下さい」と渡したのですが、
チンプンカンプンのようです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


諸先輩方の目には、
物覚えの悪い私もきっと同じように映っていたはずです。
地道に教えていきます。
posted by TOY-order at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

建築知識の特集

建築知識5月号は確認申請[実例解釈]道路編という特集です。
道路は確認申請のたびにハラハラしますので、
かなり参考になりました。感謝感謝!

そのなかで特に面白かったのが、
「なぜ隅切りはすべての角地に義務化されないのか」
というコラム記事です。(169ページ)

最近の住宅地は
ほぼすべての角地が隅切りされていますので問題ないのですが、
古い住宅の改修や、増築などではよく指摘される部分なんですよ。
建築基準法では義務化されていませんが、
福島県には「県条例」で隅切り部分への建築の制限がありまして、
角地部分は敷地面積に含んでもかまいませんが、
一切の工作物を設けてはなりません!

と、なっています。
自分の敷地なのに、軒を出すのも許されません。
そもそもの法の趣旨として、
自動車の回転と見通しをよくするなど、
交通上の危険防止や緊急車両のアプローチ確保があげられますので、
この土地が自分の敷地だというのであれば、
一定高さ以上の軒などは問題にならないはずなのですが、
厳しく指摘されます(涙)
行き過ぎた行政指導に思えてならないのですが、
建築指導課と喧嘩しても、こちらにメリットがありませんので
奥歯をかみ締めて涙をこらえるしかありません。

こんな使えない土地なら、
いっそのこと基準法で道路に指定してもらったほうが
すっきりするようにも思えてきますが、
建ぺい率や容積率できわどい場合もあるので、
このままでいいのかな?(何が言いたいんだよ俺!)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今設計している家の敷地は前面道路が狭いため
かなりの面積を道路に持っていかれてしまいます。
お客様は当然ですが納得できないご様子です。
幸い角地ではありませんので隅切りは発生しませんでしたが、
もしもダブルパンチになっていたら・・・
私は全く悪くないのですが、嫌な汗が出ます。

また、別のお客様ですが、
隅切り部分の既存フェンスを壊す理由を説明するときは
かなり苦労しました。(悪徳業者を見る目で見られました♪)
とにかく、道路は確認申請のたびにハラハラします。
posted by TOY-order at 03:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

今月も買ったよ!

野暮用で市役所に行きました。
ちょっとイラついたので、気を静めるために本屋へ寄り道です。

1冊目
Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2006年 09月号 [雑誌]Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2006年 09月号 [雑誌]
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2006年 09月号 [雑誌]
[著者]
[種類] 雑誌
[発売日] 2006-08-10
[出版社] マガジ..
>>Seesaa ショッピングで買う


古い本なんですが、
事務所の新人さんがようやく建築に興味を持ち始めたようなので、
面白そうなのを1冊見えるところに置いておく作戦です。


2冊目
チルチンびと
チルチンびと 2007年 03月号 [雑誌]チルチンびと 2007年 03月号 [雑誌]
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] チルチンびと 2007年 03月号 [雑誌]
[著者]
[種類] 雑誌
[発売日] 2007-02-05
[出版社] 風土社

>>Seesaa ショッピングで買う

(↑これは先月号)
今月の特集は『土と漆喰の家』です。
「土間のある家」の内装で悩んでいましたので、
参考になりました!


3冊目
建築知識
建築知識 2007年 04月号 [雑誌]建築知識 2007年 04月号 [雑誌]
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 建築知識 2007年 04月号 [雑誌]
[著者]
[種類] 雑誌
[発売日] 2007-03-20
[出版社] エクスナレッジ

>>Seesaa ショッピングで買う

(これも先月号)
今月の特集は確認申請実例解釈「道路編」
今日、市役所に行ってきたのは、
実は道路の解釈でした(ムカッ!!)


4冊目
無印良品 家
これも普段なら買わない本なんですけど、
なんとなく衝動買い!
だって、
パラパラめくったら「内田樹先生の家」が載っていたんです。
これは買うしかないでしょ!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 本ブログへ


追記:
アフィリエイトで儲けようなんて甘い考えは持っていないんですが、
雑誌を紹介する写真には都合がいいんですよ。
それなのに、今日買った本の画像が何故ないのですか?




posted by TOY-order at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

東京ファイティングキッズ・リターンを読んだ。

先日、出張の移動中に内田樹先生の本を読みました。
建築関係の雑誌や技術書、それからコミックを除くと
内田先生の本しか買っていない危険な状況です。

前回まで呼び捨てだった著者名に
【先生】が付いていることも危険な兆候といえるでしょう。
一度も会ったことがありませんが、確実に私の先生なのです。続きを読む?
posted by TOY-order at 12:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

出張準備

明日はしゃべりの仕事で『川越』まで行きます。
そんな訳で出張の準備です。

暖房と換気について3時間!
もちろん「しゃべり」のネタのチョイスは完了してます。
今度記事にしますね。
続きを読む?
posted by TOY-order at 14:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

買ったわ買った♪

久しぶりに本屋に行きました。
定期購読している雑誌を数冊手にとって、
本屋の中をグルグル、ウロウロ、
レジに着くころには持っていた本は【ヒトハダ】です(赤面)

続きを読む?
posted by TOY-order at 16:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

「子どもは判ってくれない」を読んだ。

難しい本を読みました。(図面を描けよ!)
相変わらず「内田樹」ブームです!
【子どもは判ってくれない:文春文庫 629円+税】を読みました。
4167679914_01__SCMZZZZZZZ_.jpg                  

なんと言ってもタイトルが好みです。
「こども」でも「子供」でもなくて『子ども』
僕も意識して『子ども』を使っているので、本屋の棚で一目惚れです♪
続きを読む?
posted by TOY-order at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

「無暖房・無冷房の家に住む」を読んだ。

自称『断熱オタク』ですので、
世間を騒がす断熱本は、ある程度チェックします。

本屋で内容をナナメ読みし、面白そうなら購入です!
今回は「家づくり レボリューションさん」からの紹介ですので、
早速読んでみました。

山本順三著「無暖房・無冷房の家に住む」 三一書房
(定価1500円+税)
438005215X_01__SCMZZZZZZZ_V66922714_.jpg
続きを読む?
posted by TOY-order at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

『電球1個のエコロジー』

建築基準法関係法令集を買いに行ったはずなのに、
建築雑誌とエコロジーの本が入った袋を持って店を出ました。
(↑おつかい苦手です)

んまぁ〜、よく見つけたね。
私の本屋での行動パターンは、
建築→美術書→パソコン→建築実用書→哲学書→科学書→環境系→数学書
(約1時間経過)
この辺で疲れて、
2階のコミック→絵本をチェックして帰るんだけど、
今回は、ティーン情報系の棚までチェック!
(鉄拳とかが置いてあるあたり)

そこで発見!
タイトルは、荒俣宏監修『電球1個のエコロジー
4675.gif
続きを読む?
posted by TOY-order at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

「子どもは判ってくれない」を読んだ。

「内田樹」ブームです!(←仕事が止まってるぞ!)
【子どもは判ってくれない:文春文庫 629円+税】を読みました。
                      

なんと言ってもタイトルが好みです。
「こども」でも「子供」でもなくて『子ども』
僕も意識して『子ども』を使っているので、本屋の棚で一目惚れです♪

著者は
「昨今の時評類はあまりに話を簡単にしすぎている」
「世の中というのはもう少し複雑な作りになっているのではないか」
なんてことをだらだらと理屈っぽく語っています。

まさに「大人のものの考え方」を覗き見した気分です。
続きを読む?
posted by TOY-order at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「安藤忠雄建築手法」を読んだ

昨年4月、いわき市文化センター 大ホールにて
安藤忠雄の講演会がありました。タイトルは「夢は自分の手で創る」です。

私は「ツクル」とういう言葉が好きです。
「創る」「造る」「作る」境界のあいまいな3つの漢字からも
「ツクル」の奥行きが読み取れます。

わたしのブログ「ていねいないえづくり」も
「ツクル」の字をどの字に固定するかを悩み、
どれにでも変換可能な「ひらがな」にしました。



当然、安藤さんの「創る」話にはとても興味があり、興奮度120%です。
若い頃の話や、最近の話を「ずばっ!!」と言い切る、
しゃがれたガラガラ声(風邪気味?)は、
「自分の発言は責任を取るよ!」「人に迷惑はかけないよ!」的な
自信に満ちており
自信なさそうな、弱気な文章を書いている自分が恥ずかしくなりました。

彼が創っているのは建築ですが、同時に「森」も創っていましたし、
破壊された自然も、あるべき状態に創っていました。

建築が始まる5年前から、苗を育てたりする活動が
彼の建物に独特の存在感を創っています。

続きを読む?
posted by TOY-order at 04:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

昭和住宅メモリー

hon001.jpg

昨年亡くなった建築家に「丹下健三」と「清家清」がいます。
この雑誌には両氏の自邸が紹介されているのだが、演出が憎らしい!
明治村に行って美しい古い建物にどっぷり浸かってきた影響もあり、
古い建物の本が読みたく近所の本屋を物色中に発見したのですが、
最初に目に付いたのが「丹下邸」です。続きを読む?
posted by TOY-order at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

『自分のためのエコロジー』

先日、
またまた中高生向け教養本『ちくまプリマー新書』を買ってしまいました。(4冊目!)

タイトルは 甲斐徹郎著『自分のためのエコロジー』です。
eko001.jpg

当然この本も若者向けですので、
字は大きいし、子どもに諭すような文章です。
早い方でしたら1時間ちょっとで読破可能でしょう。

続きを読む?
posted by TOY-order at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

「50Great Kitchens by Architects」を買った♪

住宅の設計を数件掛け持ちで計画していると、
居間と台所が段々ぼんやりしてくる。
なんというか、
いつも同じでもつまらないし、奇抜すぎても受け入れてもらえない。
ハウスメーカーの真似や、
キッチンメーカーのカタログをそのまま提案するのも邪道!
建物の大きさが決まりつつあるのに、
キッチンまわりだけがチュウブラリンなのである。

続きを読む?
posted by TOY-order at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。