2006年10月30日

生活

「内郷の家」は無事に引渡しが終り、引越しも完了しました。
何もなかった空間に、家具が並びカーテンが吊られると
そこはもうお客様の生活の場になります。

家は生活のいれ物ですので、
人が暮らしている状態を指すものだと思います。
私は、この「家」の響きが好きですので、
できるだけ「住宅」と言いません。
(「住宅」って建物だけを示す言葉だと思うのよ)

すっかりお客様に馴染んでしまった『内郷の家』ですが、
まだまだ未完成です。
デッキテラス、玄関までのアプローチ、庭、駐車場を
少しずつそろえていかなければなりませんし、
子どもの成長に合わせて、2階の1室を改修していかなければなりません。
建物を完成させない暮らしは「楽しみがたくさん残っている家」
と考えてはいかがでしょう。
できるだけ簡単に家をつくり、
生活に合わせてつくりこんでいくスタイルは
低予算で完成度の高い家を手に入れる
現実的なスタイルではないでしょうか?

新しい家で生活を始めると、小さな事件が頻発します。
体を家にあわせる部分も必要でしょうし、
家を体に合わせる微調整も必要で、
いわばこれから数週間は慣らし運転の期間なのです。


早速連日電話が鳴ります。
『暖房のリモコンの表示がわからない』
『洗面化粧台のお湯がぬるい』
などなど、嬉しいことにお客様は私に問い合わせてくれています。
『工務店さんに』ではなく『設計屋に』です。
これから長いお付き合いをしていきたいですので、
ていねいに対応していきますよ!
(これまでの設計屋は長期間建物を見続ける努力が足りませんから)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ



『内郷の家』シリーズはここでおしまいですが、
トラブルなどを単発で記事にしていく予定ですのでお楽しみに♪
(↑トラブルが前提の文ですョ!)
posted by TOY-order at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検査

「内郷の家」の検査を終え、明日の引渡しを待つばかりです。
暖房の試運転も無事終了し、ゆっくりと建物が温かくなってきました。

喜んでいただけるか、
大切に住みこなしていただけるか、
クレームになりそうな場所は無かったか、
少し緊張しています。

さて、
この現場を引き渡すと外の仕事がなくなりますので事務所に引きこもります。
図面描きの仕事は、元請の仕事がしばらくありませんので、
先輩事務所のお手伝いで食いつないでいくことになりそうです。
今後のブログは、
サルでもわかる断熱情報』を連載していく予定ですのでお楽しみに。

それから、
私の事務所の本棚を公開しました。
がちがちの専門書もありますが、
素人が読んでも楽しめる本もたくさんあります。
ここを見て私の人となり、
さらに設計事務所の仕事を感じていただけたらありがたいです。
少しずつ説明文を書き加えていきますので、お楽しみに。

そんなわけで、
次回は「内郷の家」最終回です。お楽しみに!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊具

「内郷の家」の見学会も無事終了しました。
事前告知無しでしたので、
おこしいただいた方は事前にアポイントのあった方のみです。
3組の子供連れと、
以前に私が設計した家のお客様が視察(←おい)に来ました。
そうそう、その前の日には、
断熱工事の講習会(←断熱工事の強制労働)に参加した方への
お披露目もありました。
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏側

階段下収納が好評でしたので、
秘密にしていた引き出しの裏面を公開しちゃいます♪

uchi87.jpg

おや?この前の写真と何か違うぞ?
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

照明

いよいよ『内郷の家』に電気が通りました。
夜の照明具合を確認しなければなりませんので、
お客様より先に(笑)夜の現場に現場に行きます。

86.jpg

ここなんかはどんな光になるか興味シンシンです。
スノコの床から光がキレイにこぼれ出しますように・・・(祈り)

続きを読む?
posted by TOY-order at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

引出

「内郷の家」がもうじき完成です。
床の養生シートが取れましたのでようやく全体が見えます。

uci84.jpg

床材と柱とかの色合いが揃って安心しました。
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間隔

『内郷の家』がほぼ完成しました。
若干の設備機器取り付けと外構(といっても整地程度)を残すばかりです。

uci80.jpg

下屋の屋根にはローコストのチャンピオン『ポリカ波板』です。

続きを読む?
posted by TOY-order at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化粧

『内郷の家』はコスト縮減で玄関のタイルも止めてしまいましたので、
設計は「モルタル金鏝仕上げ」になっています。
もちろんこのままでは『広い勝手口』になってしまいますので、
お客様と一緒にビー玉を埋めることにしました。
味気ないねずみ色の床が、ビー玉でコロコロとした仕上がりになる計画です。

朝10時に現場に行くと、左官屋さんは既に準備を始めていました。
uci002.jpg

uci003.jpg
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土間

uci71.jpg
「内郷の家」は予算が厳しかったので、
玄関のタイルも止めてしまいました。当然、玄関ポーチもタイル無しです。
モルタルのままではちょっと寂しいので、
素人工事でビー玉を敷くことにしました。

先日、お客様とネットでビー玉を検索し、
蓄光マーブルという暗くなると光るものなど、500個以上買いました。
そして、
いよいよ明日、ビー玉埋め込み作業を行います。
目立たない部分に家族のサインと日付を書き込んでみようと考えています。
タイルだったら味わうことができない作業ですので、
家族総出で楽しんでもらえたら嬉しいです。
予算が厳しいからといって、
カッコいいデザインは諦めたくないですからね!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ

posted by TOY-order at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建具

内郷の家に建具が入りました。

全館暖房の家を計画すると、家族はドアを閉めなくなるようです。
外がどんなに寒くても、廊下やトイレまで寒くありませんので、
寒がりの家族から「開けっ放しにするな!」などど怒鳴られたりしません
(夢のようです)
追跡調査の結果、
そんな暮らしを続けるとドアの存在理由が徐々に危うくなってきます。

もともと日本人は遺伝子レベルで、
「開く」か「閉じる」かの二者択一の横暴さはなじみが悪いようで、
ドアで区切る生活はそれほど上手ではないように思えます。
その証拠に、寒くない家を設計するようになってから、
建物のドアの数がどんどん減っています。
内郷の家の建具は、寝室とトイレ・脱衣室しかありません。
それもほとんど引戸ですので、
「少しだけ開く」とか「軽く閉じる」とかの曖昧な仕切りが可能です。
あくまでも憶測ですが、日本の家のドアの6割は寒さ対策ですよ!!!
(↑もちろん憶測です!)
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱皮

3月中旬、内郷の家の足場が取れました。
事務所であれこれ考えた形が、確認される瞬間です。

uci67.jpg

「どこ写してんのよ!」って、こんなとき高角のレンズが欲しいです。
私のデジカメでは全体が入りません。

内部足場も取れました。

uci70.jpg

南側の大きな窓です。
これまでと全く違って見えますので、緊張する瞬間でもあります。
んまぁ〜
今回の気になる部分には全て「ローコストなんだから」という言い訳が
用意されてありますので心配無用なんだけどね(←ウソダカラネ!)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

通気

「内郷の家」はいよいよ足場解体です。
建物の裏側には足場が邪魔で設備機器が何も付いていません。
間に合うのか?

uchi70.jpg
現場は足場を早く外したいのでしょうが、足場解体前に外壁の検査を行います。
(だって、あとから直すのは大変でしょ!)

そして、足場に上って発見!

uchi71.jpg
屋根通気層の取り入れ口です。
続きを読む?
posted by TOY-order at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

硝子

内郷の家は、私が独立して最初の仕事です。
自称「断熱オタク」ですので、ガラスの性能にもこだわります。
南側の窓は太陽熱を取り込みやすいように、
日射透過率の高い『ペアガラス』を使い、
東・北・西面は、断熱性能優先で『Low-eペアガラス』を使います。

全て『Low-eペアガラス』を使った場合より断熱性能は落ちるのですが、
いわき市の日射量があると年間の暖房エネルギーは少なくて済みます。
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対流

「内郷の家」の階段です。

kai01.jpg

棚下にはキャスター付きの「おもちゃ箱」が入ります。
棚下の右側にあるのが暖房用のガラリですが、
この下に暖房パネルは入っていません。

前回書きました、窓際に開けたガラリから温まった空気が上昇しますので、
上昇した分だけ床下に空気を戻してあげなければなりません。
床下で温まった空気は軽いから上昇する自然対流型暖房方式ですので、
戻り部分が無いと暖房が期待どおり機能しないこともあります。


ところが!
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖気

床下に温水パネルヒーターが設置されていますので、
温かさを室内に取り込むための「床ガラリ」の設置が必要となります。

暖気1.jpg

御覧のように、せっかく張った床材を一部はがします。
今回の床材は既製品のガラリの巾と揃っていましたので、
床材の割付を決めてから暖房パネルの位置を決めました。

床下暖房と、床ガラリの位置が僅かにずれても暖房効率に影響しますので、
かなり早い段階で詳細な寸法を打ち合わせします。

写真で真っ黒な部分について私は何も指示していなかったのですが、
大工さんが気を利かせて黒くしてくれました。

3月末に引渡した現場ですので現在暖房の調整中です。
(まじめな設計屋の仕事はなかなか終わりません♪)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

視線

「内郷の家」は順調に進んでいます。
お客様と、仕上げ材の色の打ち合わせを行い、
まだ決まっていない部分は外構だけとなりました。

この建物が建つ敷地は長方形の敷地に小さな三角定規が付いたような
形をしています。
道路にはこの三角定規部分しか面していませんので、
建物は入り口の面しか見えません。
頑張りたいところですが、
予算の都合もあり安価な素材で仕上げなければなりません。
続きを読む?
posted by TOY-order at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書棚

『内郷の家』はローコストですが、
断熱性能を確保して全館暖房設備が付いています。
引渡しが3月ですと冬の快適性は確認できるまでどこか落ち着きません。
(↑軽く不安?)

豪華な性能ですが、お客様の予算に合わせなければなりませんので、
削る部分はどんどんそぎ落としていきます。
まず『扉』をやめました。
寝室からクローゼットの入り口は簡単に承諾

子ども室の入り口も子どもさんが小さかったので快諾

次に『壁』をやめます。
子ども室の間仕切は時間がかかりましたが、
将来の間仕切り案を提示して了承
(↑追加予算をちらつかせる陰湿なかけ引き有)
続きを読む?
posted by TOY-order at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風呂(追記)

『内郷の家』はどんどん進み、
前回の浴室部分はきれいに完成しました。

60.jpg

断熱部分の納まりは、
念のために写真を残していただきました。
様々な業種が1つの建物を作り上げていきますので、
断熱工事だけを完璧に終らせ、
その後一切それに手を触れないなんてできっこないのですが、
『理想』と『現実』の間で、いかに確かな性能を確保するかが私の仕事です。

浴室を組み立てた業者の方も私の設計を十分理解しているのは確かです。
監督のは耳にたこができるほど納まりの注意点を指示していますので、
彼が確認してくれれば心配する必要はありません。
ただ、断熱工事が完了した後に私の知らない工事がまだあることに、
自分の無知さに少々ガッカリしているところです。

以前務めていた事務所では、公共事業の設計をしていましたので、
住宅の設計は年に1〜2軒しかしていませんでした。
しかもサラリーマンでしたのでそう度々現場にいくことも出来ませんでした。
でも、
いまは全て自分の時間です。
まめに現場に通ってしっかり勉強しようと思います。

いえづくりはムズカシイ!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

風呂

『内郷の家』は今年の3月に完成した家です。
今回は2月の中旬の様子ですが、
現場監督の表情が徐々に厳しくなってきました。

先日写真で、ユニットバスが入る部分を紹介しましたが、
先日現場に行って見ると、
せっかくキレイに納めた断熱材を
ユニットバスの工事屋さんがはがしているではありませんか、

uci034.jpg
ユニットバスは土間のコンクリートに足で立てることもできるのに
なんで面倒な納まりにするのか確認したところ、
壁際のクリアランスにより床鳴りが起こる恐れがあるため」との回答。

uci035.jpg
私の設計した過去の現場は全てこの納まりだったとか・・・
知らなかったです。

とにかく、
せっかくキレイに納めた断熱材を元通りに復旧するようお願いしてきましたが、
不慣れなユニットバスの工事屋さんには絶対にお願いしたくない納まりです。
監督には、金物だけ先行して取り付けて、
断熱の納まりは大工さんが責任を持って納めるべきでないかと言ってきました。

ちなみに断熱工事完了時点がこれ↓

uci033.jpg
これを破いて納めるのって、反則技(?)ですよね?

おしまい

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下屋

『内郷の家』は若い夫婦とその子ども達が住む家です。
低予算ですが、全館暖房設備が入っています。
暖房効率と、予算配分を検討していくと、最後に残る形は
『切妻屋根の総二階!』
なんとか、建売住宅風に見えないよう頑張るのですが、
金属屋根に、防火サイディングの外壁ですので、限界があります。

そんなわけで、コテサキの装飾ですが、玄関の庇を大きな下屋にしました。
続きを読む?
posted by TOY-order at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。