2007年11月21日

[3.9]プロジェクト 第2話

地域に合った家づくりを目指すグループを立ち上げ
家の性能を燃費で表現するところまで話が進みました。
さて今回は、その続きです。


私たちはまず建物の断熱性能を計算しました。
いわき市は最も厳しい断熱基準の地域区分で「4地域」になります。
Q値は[2.7以下]が基準値ですが
メンバーのつくる家はこの値を大きく下回っています。

ちなみに私が設計した「川沿いの家」は[2.07]で、
土間のある家」が[1.91]となっています。

それぞれの暖房灯油消費量から燃費を計算すると
「川沿いの家」 ・・・ 3.04リットル/u
「土間のある家」・・・ 3.09リットル/u と、なります。

それから、それぞれの家の断熱性能を悪くして計算し、
断熱基準ギリギリの場合の燃費を計算してみると、
「川沿いの家」 ・・・ 5.84リットル/u
「土間のある家」・・・ 6.62リットル/u と、なりました。
約半分のエネルギーで全館暖房できていることになります。

さすがにいきなり半分では敷居が高すぎるとの声もあり、
よし、それじゃあ決定!
「次世代型いわきの家」は、燃費4リットル以下の家とする!

特別難しい議論も無く
根拠らしい根拠も無いまま、
なんとなくこんなことが決まってしまいました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
じゃあ何故[3.9]プロジェクトかと言いますと、
森林関係者の間では[3.9]が特別な数字だというのです。
一部[4.0]にするかでもめていましたが、
大多数はどちらでも良く、最終的に[3.9]に落ち着きました。
だたし、この数字は将来小さくなる可能性があります(野望です)


posted by TOY-order at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[3.9]プロジェクト始動♪

家の断熱性能を良くすると快適になりますが
いまある断熱基準ギリギリの性能では
全館暖房したとき省エネにならないことが分かっています。
(変な基準でしょ?)

省エネと快適を両立させるためには、
さらに断熱性能を確保するのも手ですが、
地域の気象条件にあわせた設計で解決する場合もあります。

そこで、
私の地元「いわき」の気候に合わせた家づくりを目指す
グループを作りました。

まず最初に集まりの名前を決めます。

断熱性能を示す「Q値」はちょっと分かりにくい単位です。
建物から逃げる熱の量を示していますが、
太陽の向きを無視していますので、
日照条件がいい地域ですとQ値が悪い建物の方が
省エネになったりします。

そこで私たちは建物の燃費を表示することにしました。

自動車の燃費と一緒です。
この家の暖房に必要なエネルギーは「1uあたり○○リットル」と
表示すれば分かりやすいのではないかと考えたのです。

さて問題は燃費の目標値はいくつにしようか?
早速暗礁に乗り上げそうです(笑)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
本当にこんなところから始まった集まりなんですよ♪
地域のブランドとして一般化することと
県から運営資金の補助金をいただくことが当面の目標です(腹黒)
posted by TOY-order at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

電気の先払いシステム?

私は自他共に認める「断熱オタク」ですので、
建物の暖房についてもマニアックに悩んでいます。

灯油焚きの温水暖房が当座の着陸地点だと信じているのですが、
ここ数年の灯油価格急騰でお客様からは疑問の声も・・・
そんなわけで、
「オール電化暖房セミナー」に行ってきました♪

なんとも魅力的な言葉で聴衆を誘惑します。
「暖房シーズンがずっと初夏の爽やかさ!」って
数年前に年間を通して温度測定したときに
私が発見したことだと思っていました(←ォィ!)
いや本当に、低温で暖房したときの室温の変化が
5月の室温とほぼ同じだったんですよ〜!パクられた!(←ォィ!)
続きを読む?
posted by TOY-order at 01:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

オール電化

以前「深夜電力による蓄熱暖房機ってどう?」という文章を書きました。
一言で言えば夜間電力の批判なんですが、
いよいよそんなことを言っていられないほど
世間はオール電化に向かっています。
なのに私は夜間電力の料金メニューすら知らないで
オール電化を毛嫌いしています。
これではまずいと思い講習会に行くことを決めました。
(勿論ひねくれた聞き方をしてきます)

いやイカンイカン、
尊敬する内田先生の「良導体」という言葉を思い出しました。
「良導体」というのは、その波動を次のひとへできるだけ正確に「手渡す」ように受信する人のことである。
伝達するためには、あいだにはさまった自分自身の器の小ささや導体としての通りの悪さによって受けとったものを縮減したり、情報を「汚したり」しないように、とにかく透明感のある状態を維持することが必要である。
内田樹の研究室 奥州三昧ツァーより


また先生はよくレヴィ=ストロースの、
私たちが欲するものは、それを他人に与えることによってしか手に入れることができない。
という言葉を引用します。私のお気に入りのフレーズです。

家づくりの話をブログに書いたり人に説明したりするほど、
私の理解度は深まります。
誰かに説明することを前提に偉い先生の講演を聞くようになってから
姿勢がまったく違ってきました。
なるほど、先生このことだったのですね!

そんなわけで、明日は「良導体」を保った聞き方を目指してきます。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
貧乏設計事務所ですので、
腹黒く知り合いの設備工事屋社長に「明日行く?」と尋ねたところ、
「若いスタッフが行くので、どうぞその車に乗っていってください」
との返事をいただきました。社長は行かないのかよ〜〜〜
今頃若いスタッフ君は何を話していいか緊張していることでしょう・・・
私もどんな話をすればいいのか・・・困っています。
私の浅知恵はいつもこんな風に予期せぬ方向に向かいます。
姿勢が悪すぎます・・・

刮目して講習会の報告を待て!


posted by TOY-order at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

冬の風物詩

今から8年前に出来た断熱基準の資料をめくっていたら
先進国の住宅用エネルギー消費の比較という表を発見した。
まぁ20年近く前のものだから、
あまり参考にならないかもしれないけど
こちらをどうぞ!

ファンヒーターなどと称されて販売されている開放型暖房器具から
発生する水蒸気による窓の結露は、
日本の住宅における「冬の風物詩」みたいなものであるが、
本当は貧しさの象徴として理解しなければなるまい。

財団法人 住宅・建築 省エネルギー機構発行
住宅の次世代省エネルギー基準と指針 p40より


かなり古い資料ですが、面白かったので記事にしました。
20年前、つつましい生活をしていたときのエネルギー消費量で
「全室暖房できないか?」が、最近の私の目標です。
いくら快適でも、省エネじゃなければ問題だと思いますからね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
最近は「いわき」でも、
ペアガラスや断熱サッシが標準仕様になりつつありますので、
窓の結露はかなり減っているように感じますが、
室内の水蒸気は温度の低い部分で結露します。
見えない部分で結露しているかも知れませんよ!

posted by TOY-order at 08:08| Comment(6) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

家の性能について考える。

地元の家づくりの仲間がHPをつくっていて
そのお手伝いで【家の性能】について文章を書かなければなりません。
いや、いつもの調子でサラサラって書いちゃえばいいんでしょうけど、
どこかで見たことがあるような文章も何だな・・・なんて考え出しています。
さぁて困った。大体【家】って何よ?
続きを読む?
posted by TOY-order at 02:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

HMの断熱性能比較

先月『しゃべりの仕事』でハウスメーカーの比較をしましたので
そのことを書きます。
続きを読む?
posted by TOY-order at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

夜間電力の温水暖房ってどうよ!

知り合いの工務店の手伝いで、建物の断熱計算から暖房計画までしました。
ここまではいつもしていることですのでオチャノコサイサイなんですが、
問題は暖房の熱源を電気で計画しなければならないこと!

これまで何度も書いているけど、暖房と夜間電力の相性はかなり悪い、
蓄熱暖房機の問題点は以前書いたのでここでは書きませんが、
夜間電力の温水暖房もなかなか考え物です。
最大の問題点は温水タンクの容量です。
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

給湯で省エネ

寒冷地以外の場合、
家庭内で消費されるエネルギーの中で、給湯が占める割合は約3割です。
今回は、給湯エネルギーを10%削減する方法を紹介します。
(つまり全消費エネルギーの3%削減です)

お風呂は続けてはいるとか、
お湯を流しっぱなしにしないなど使い方の工夫は重要ですが、
最近はお湯の無駄使い防止機器が色々ありますので紹介します。
続きを読む?
posted by TOY-order at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

断熱と省エネの関係

家の断熱性能について長いことかいてますが、
今回はちょっとがっかりする内容です。

住宅で消費されるエネルギーのうち、
暖冷房に使われている割合は意外に少なく3割程度です。
(極寒の北海道でも約半分)
つまり、断熱性能を倍にしても、省エネ効果は15%程度の話なのです。
「なんだ、断熱なんて意味無いじゃ〜ん!」
とか思ってませんか?

断熱は『省エネ』以外に『快適性』や『耐久性』にも影響しますので、
ていねいな家づくりの基本性能です。
断熱材は寒くないトイレや、カビの無い空気をつくり、
壁の中で建物が傷むのを防ぐ性能があります。

これから、
快適性を損なわず、
我慢しないでエネルギー消費量を半分にする方法を書いていきます。
もちろん、できるだけお金のかからない方法です。
お楽しみに!
posted by TOY-order at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

夏の湿度

♪サルでもわかる断熱講座♪30回目です。

今回は『夏の湿度』について書いてみます。

さて、
エアコンが各室にある風景が当たり前の時代になってきましたが、
エアコンを開発した人は誰でしょう?
エアコンの歴史を見ていただくとわかりますが、
1930年にアメリカ人が開発したようです。
続きを読む?
posted by TOY-order at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

体感温度を意識する

♪サルでもわかる断熱講座♪29回目です。

ここまで数回【体感温度】について書いてきました。
今回はそのおさらいです。

機械にできるだけ頼らないで夏の快適を手に入れるためには、
ナンと言っても
「断熱」と「日射遮蔽」です♪
これだけで、午前中は十分朝の涼しさを維持できます。

『今更、建物の断熱性能なんて変えられないょ〜!』とお嘆きのあなたは、
次の3点を上手に調整してみてください。
続きを読む?
posted by TOY-order at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

壁表面温度

♪サルでもわかる断熱講座♪28回目です。

前回体感温度は【温度】【湿度】【風速】で計算できると紹介しましたが、
実はもう一つ壁表面温度というものが大きく影響しているんですね〜〜〜!

ここまでを1度に説明すると
誰も読んでくれないと思いましたので黙っていました。

ではこの壁表面温度とは何でしょう?
続きを読む?
posted by TOY-order at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

体感温度と省エネの関係

♪サルでもわかる断熱講座♪27回目です。

前回は夏場の体感温度について書きましたので、
今回は暖房時の体感温度について書いてみたいと思います。

今回も体感温度計算くんに協力していただきましょう♪
続きを読む?
posted by TOY-order at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

体感温度

♪サルでもわかる断熱講座♪26回目です。

人間は食べ物を燃料として、
仕事をし熱を出す『熱機関』(簡単に言えば機関車と同じ)だといえます。
しかも37℃程度の体温をかなり正確に維持しないと、
日常生活でさえ困難になります。
熱を発しすぎてもダメで、溜めすぎてもダメ!

室温が低いときは、たくさん熱をつくり体温が下がるのを防ぎ
室温が高いときは、汗を出し体温を逃がすよう頑張っているんです。
えらいね!
続きを読む?
posted by TOY-order at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ホルムアルデヒドの謎

♪サルでもわかる断熱講座♪25回目です。

今回は、断熱からすこしずれますが、関連記事です。
断熱のためには「気密性能」が必要で、
気密性能が原因でシックハウスが発生したようなイメージがありますが、
シックハウスは工業製品に含まれる『謎の揮発性物質』が主な原因です。

サッシの性能などが良くなったために、
木造の建物の自然換気量が減ったことも関係するでしょうが、
だからといって『気密』を悪者にするのはちょっと違うように思えます。
続きを読む?
posted by TOY-order at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

もったいないように見えます

♪サルでもわかる断熱講座♪24回目です。

今回も10の誤解について書いてみましょう。
誤解シリーズ最終回♪長かった!

今回は10の誤解の4番目!
4.24時間換気はエネルギーの無駄

思いっきり言い切り型のお題ですが、
何と比較すると無駄なのかが書いてありません。これでは話にならないよ!
例えば
ストーブを使うと室内の空気が汚れますので、
2時間に一度は窓を開けて空気を入れ替えましょう♪

なんてよく聞きますが、
換気を無駄と考える人は空気を入れ替えたりしない人でしょうか?
『我が家はストーブを使っているが空気を入れ替えたことなどない!』
という猛者もいるでしょう。
この家の室内空気の質が悪くならない理由は隙間風です。
ストーブで温まった空気と外の冷たい空気が勝手に入れ替わっているから、胸を張って大丈夫なのです。
ちなみに
24時間換気の法律では隙間が多い建物の換気扇設置は不要となってます!
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

空気汚染が心配ですか?

♪サルでもわかる断熱講座♪23回目です。

今回も10の誤解について書いてみましょう。

今回は10の誤解の9番目!
9.汚染空気を閉じこめるため、室内空気汚染の元凶である

このお題は前回の 『隙間風は大切な換気である』の関連誤解ともいえます。
【隙間風を無くす】⇒【空気が入れ替わらない】⇒【空気が汚染される】
という思い込みの3段論法は、
【気密】というなんとも息苦しい言葉のイメージに対する
思いつきの反論なんですが、
身体に悪影響があるのではないかという疑いに反論するのは、
かなりの重労働なのです。
お客様がこのタイプですと、
私はまるで『断熱の押し売り』をしている気分になってきます。
続きを読む?
posted by TOY-order at 00:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

人を愛して〜♪『隙間風』

♪サルでもわかる断熱講座♪22回目です。

今回も10の誤解について書いてみましょう。

今回は10の誤解の8番目!
8.隙間風は大切な換気である

この誤解シリーズもいよいよ残り3つですが、全て換気の話です。
どこから説明していいものか、
先送りした結果『換気の誤解』だけが残ってしまいました(笑)
とにかく
当ブログのバックナンバー換気の話気密の話を読んでください。
誤解の内容が詳しく書いてあります。
でも、どちらもコムズカシイ話ですので読まなくても結構です(笑)
今回はもう少し噛み砕いて書いてみます。
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結露と断熱材の関係!

♪サルでもわかる断熱講座♪
21回目です。

今回も10の誤解について書いてみましょう。

今回は10の誤解の5番目!
5.断熱材を厚く入れさえすれば結露は防げる

さて、
いえづくりの素人にも理解できるよう、
なるべく噛み砕いた文章を心がけていますが、
難しすぎる表現等は指摘してください。
できる限りの対応をさせていただきます。

今回は断熱材と結露の話です。
切っても切れない関係ですが、一度分けて考えてみましょう。
続きを読む?
posted by TOY-order at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。