2009年03月18日

灯油消費量を比較する

さらに昨日の続き、
「土間のある家」の暖房灯油消費量は55日間測定して107gです。
ちなみにその前に測定した「川沿いの家」は
30日間測定して113gとなっています。

もちろん測定した時期が違えば外気温も違ってきますので
それぞれの測定期間中の外気温の平均値を算出します。
(外気温の測定は重要です)
「土間のある家」・・・5.2℃ 「川沿いの家」・・・5.9℃
若干「川沿いの家」が高めです。
それから、室温の平均値も算出します。
「土間のある家」・・・18.4℃ 「川沿いの家」・・・18.5℃
日射取得熱でオーバーヒート気味の部分も含めての平均ですが、
どちらも日中は留守がちの生活スタイルですので、
無視していいと判断します(このシンクロ具合も面白い結果ですね)

次に熱損失係数の比較。
「土間のある家」・・・1.81 「川沿いの家」・・・1.80
「土間のある家」は付加断熱をしているのですが、
床面積の割に空間が大きいので熱損失係数に差が出ませんでした。
さらに、
シミュレーションソフトでの年間暖房エネルギー消費量の比較。
「土間のある家」・・・406g 「川沿いの家」・・・524g
床面積に1.5倍以上の差がありますが、
南側の窓面積がかなり違いますのでこの結果は妥当でしょうね。
面積で割って比較すると、
「土間のある家」・・・2.99g 「川沿いの家」・・・2.46g
川沿いの家のほうが省エネになってしまいます。
付加断熱なのに・・・

では、1日当たりの暖房エネルギー消費量を比較します。
「土間のある家」113g/55日⇒1.95g/日
「川沿いの家」 107g/30日⇒3.77g/日
面積比で比較しますと
3.77/1.57⇒2.40g/日

さてさて、
完全に自己陶酔系考察となりつつありますが、
「1.95g」と「2.40g」の差をどのように読み取るべきか?
単に外気温の差で終わらせるべきか?

比較した2つの建物には南側に土間がありますが、
敷地の周りにある建物の影響で土間に当たる日照時間が違います。
室温の変化を詳しく見てみましょう。
「土間のある家」室温グラフ 090314灯油.pdf

「川沿いの家」室温グラフ 川沿いの家灯油消費量.pdf 
朝方の室温に若干の差があるようにも見えます。
土間が吸収した太陽熱の量に差があったためだと考えたいのですが、
ちょっと先走り気味にも思えますので、
この課題は次回の測定まで持ち越しとしましょう。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今年の冬の測定は以上です。
4月にしゃべりの仕事が入りましたのでネタ確保完了!







posted by TOY-order at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

シンクロ率50%

前回の続きです。
「土間のある家」と「日立の家」は温度測定期間が重複していました。
温度測定マニアですので当然比較します。

温度計のデータをTXTファイルに変換して、
Excelで読み込み、
余分なデータを削除し
グラフの色を調整する・・・ここまで1時間♪←だいぶ早くなった!

そして発見!
距離にして60km以上離れている2つの建物の関係・・・
「日立の家」の2階温度と「土間のある家」の居間温度がそっくり!
マニアでなくても見てみよう→ 温度比較001.pdf

確かに気象条件はほとんど同じではありますが、
このシンクロ率は興味があります。
ちなみに1階居間と比較するとかなり違って見えます。
ここに置きます→ 温度比較002.pdf

なるほど見えてきたぞ!
「日立の家」には日中も人がいますので、
日射があればカーテンを閉じますし、寒ければ暖房をします。
それに対して「土間のある家」は日中ほとんど人がいません。
さらに、
補助暖房でコタツを使っていますので夜の室温は若干低めです。
つまり
子供さんがまだ小さい為に使われていない「日立の家」2階と
コタツを併用した日中留守がちな「土間のある家」、
それぞれの室温はほとんど太陽熱に依存して変化していたのです。

「日立の家」の室温が上がらない日は、
2階のカーテンを閉じていたか、いわきと天気が違っていたのか、
そんなところでしょう!
「土間のある家」の方が若干温度が高いのは、
床下暖房の影響と付加断熱により断熱性能に差があるためです。
南側の土間蓄熱の影響もあるかも知れません。

グラフを更に詳しく見ていきますと、
「日立の家」1階温度グラフの後ろの方で
突然「土間のある家」とシンクロし始めます。
2月末になり外気温が少しずつですが上昇し始めたのに合わせ
暖房時間を調整したためでしょう。
室温変化が太陽熱依存型にシフトしています。

厚い付加断熱を設けるなど断熱性能を更にパワーアップすると、
太陽熱依存型の生活でも最低温度が下がらなくなります。
当然建設コストに跳ね返ってくる話ですが、
セントラルヒーティングが不要になりますので
思ったほどのコスト増にはならないかも知れません。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
これがいわき型の「ゼロエネルギー住宅」の骨格です。
どなたか興味のあるお客様はいらっしゃいませんか?
posted by TOY-order at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

データ回収完了!

「土間のある家」に設置してありました温度計を回収してきました。
ここには、
外気温を測定する防水型の温度計と灯油消費量計もあります。
ここまで測定すると暖房の設定と室温の関係が詳しく確認でき、
お客様に具体的な数量で省エネのアドバイスをすることが可能です。
また、このデータは次の設計に役立てることができますので、
事務所にとっては貴重な財産です(←誰も欲しがらないけどね♪)

測定は1月18日から3月14日まで行いました。
55日間の暖房灯油消費量は107リットル、
1日当たり約2リットルで暖房できることが分りました。
設計時のシミュレーションでは、
Q値1.84、年間暖房エネルギー消費量411リットルでしたので、
予測値より少ないエネルギーで生活できているかも知れません。

マニアの方のみ閲覧を許す→090314灯油.pdf

1月から3月までいわき市はほとんど雨が降りませんので、
外気温のグラフは振り子のように正確なリズムを刻みます。
外気温にイレギュラーがある場合は曇りか雨です。
全体のグラフから違いが目立つ部分を抜き取ってみます。

超マニア向け→090314灯油.pdf

外気温に変化が少ないのは、
日照時間が短いのでお昼頃の気温が上昇しないことと、
雲が放射冷却を減らすため朝方の冷え込みが少ないことが原因です。
勿論、気象庁のデータで確認します。ここ

ばっちり正解!

さすがに太陽が出ていない日は、
夕方から夜に掛けて暖房を使う時間が長くなります。

測定期間中の平均外気温は5.2℃で、
居間の室温は18.4℃となっています。
この13℃以上の温度差を、全て暖房で賄ったのでは大変です。
太陽熱や生活廃熱を逃がさない断熱の技術が成功のカギだと言えます。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今回も平均室温が18℃でした。
私のお客様はほとんどこの程度で暮らしていますが、
体感温度は温度計の温度とかなり違うようです。
低い温度での生活が省エネの基本です。

そうそう、燃費の話を忘れるところだった。
今年は灯油が60円以下ですので2ヶ月間の暖房費は6000円程度!
これだけでトイレや脱衣室まで寒くありませんから、
健康で長生きできる家だと考えることもできますね。

トイレで倒れて寝たきりになった場合の費用と比較すると
断熱材の価格なんてそれほどでもありませんよ!
まぁ、考え方ですね(変な営業トークになりそうなので以下割愛)


posted by TOY-order at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「土間のある家」の夏対策!

久しぶりに「土間のある家」の前を車で通りました。
この家には冬の日差しを蓄える土間があるのですが、
そこに夏の日差しを蓄えてしまうとかなり不快になります。
簡単なのは葦簀(よしず)などによる日除けですが、
こちらのお客様はもう1ランク上の手法を採用していました。

その方法は「窓の外に蔓性の植物を育てる」です。
時間がなかったので写真がありません。たぶんアサガオですね。

夏の日差しを受けてぐんぐん伸びています。
植物の光合成について思い出して下さい。
(忘れてしまった人はこちらで勉強しましょう)

植物は根から吸い上げた水と太陽の光のエネルギーで
二酸化炭素を吸い込み酸素を吐き出します。
ついでに水蒸気も吐き出します。

空気中の二酸化炭素の話はチョット置いといて、
ここで重要な点は水蒸気です。

植物が水蒸気を吐き出したら
湿度が上がって蒸し蒸しするようなイメージがありませんか?
ちょっと違います。

植物は動けませんので太陽の熱で体温が上昇するのを防ぐため
水蒸気を出しているのです。
人が汗をかくのと同じ仕組みですね。
根から吸い上げられた水が葉から吐き出され気化したものが
水蒸気でして、気化するときに大量の熱を周りから奪います。
つまり植物は根から水分を吸い上げている限り
葉っぱの表面温度は一定以上に上がりません。
良くできています。

葦簀による日除けより1ランク上と書いた理由はそこです。
葦簀は太陽の光が長時間当たるとそれ自身の温度が上昇します。
日除けとしては機能していても、表面温度が上場することで
徐々に輻射型暖房機と同じ機能を持ち始めます。

南側の夏期太陽角度はかなり高いですので
立てかけた葦簀の表面温度が急上昇することも無さそうですが、
アサガオの日除けよりは確実に温度が高くなります。
さらに、
気化熱により冷やされた空気は重くなりますので、
影の部分には必ず下向きの涼しい気流が起きています。
アサガオ程度ではそれを体感できるか分りませんが、
葦簀では起こりません。

いや、
霧吹きで葦簀に水を吹きかければ気流を起こすことも可能です。
ただし、その場合は家族の誰かが犠牲にならなければいけない♪

ね、1ランク上の日朝調整方法でしょ?
問題は、育てるタイミングです。
暑くなってから慌てて種をまいても遅すぎです。
春から準備しなければなりません。

育つのにアサガオより時間が掛かりますが、
葡萄でしたら毎年勝手に葉が茂りますし、秋には実がなります。
多少の手入れと、建築工事が必要ですので、
こちらはさらに1ランク上の手法と言えます。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
お客様に連絡して写真を撮影させていただく予定です。
お楽しみに!
posted by TOY-order at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

葡萄棚

引渡し後4ヶ月経った「土間のある家」に行ってきました。
この家の土間部分には、冬の日差しを蓄え
その熱を夜に放出するという「特殊任務」が課せられていますが、
このまま夏を迎えますと暑苦しい場所になってしまいますので、
早い段階から土間の外に葡萄棚を設けることを提案していました。
dom0197.jpg

苗を植えるのにいいタイミングですので
葡萄棚の見積もりを持って伺ったのですが、
植物の手入れができるか不安とのことで即決とはなりませんでした。
夏の日射遮蔽対策を幾つか説明して帰ってきましたが、
この工事は今年の夏を過ごしてみてからでも遅くはありません。

家づくりが簡単に終わってしまってはもったいないですしっ(笑)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
設計中に描いたスケッチを100円ショップの額に入れて
プレゼントしました。
dom6417.jpg
鉛筆のスケッチですのでちょっと写真栄えしませんが、
喜んでいただけましたので、ヨシとしましょう♪

posted by TOY-order at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

温度計回収♪

「土間のある家」の温度計を回収してきました。
温度計といいましても、
一定間隔で温度を記憶していてくれる優れものでして、
1階と2階の温度差を調べるために2つ設置しました。

同時期に「川沿いの家」も測定してありましたので
2つの建物の温度を重ねてみてびっくり!

080218-22温度比較.pdf
クリックで大きくなりますょ!

同じいわき市内ですが全くの他人が住んでいますし、
家族構成や暖房設定、そうそう施行業者も違います。
それなのに、このシンクロ率!!
(もちろん、すっとこんな調子ではありませんけどね)

なぜこんなにそろうかと考えますと、
リモコンのタイマー設定が似ているからです。
生活に合わせて朝の暖房開始時刻や夜暖房が切れる時間など
微妙な差はありますが、
快適に生活するために要な温度には大きな差はありません。

「朝と夕方8時間程度暖房すれば24時間快適になりますょ♪」

それで、ここまでそっくりな生活温度となります。
私はこの温度を睨みながら
「暖房の温度設定をもう少し下げると更に省エネですよ」なんて
アドバイスするのです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
昨年末に引き渡したお客様から
概ね満足との声をいただいております。一安心です。
そろそろ暖房費測定用のメーターを購入しようと考えております。
次の冬にはそちらの測定の協力お願いする予定です。
posted by TOY-order at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

ハニカムサーモスクリーン

「土間のある家」に断熱ブラインドが付きました。

dom0197.jpg
冬の日差しが土間に降り注いでいます。

dom0196.jpg
少し閉じてみましょう。

dom0195.jpg
全部閉じるとこんな感じです。

セイキ総業の「ハニカムサーモスクリーン」は
3枚の布を蜂の巣状に折ってありますので
ダブルハニカム構造で抜群の断熱性能です。

南側の大きな窓は日射取得熱を期待して
あえてLow-eペアガラスを使いませんが、
そのままでは夜間の熱損失が大きいままです。
そこで登場するのが断熱ブラインドです。
夜間はこれを下げることで窓面の熱損失が小さくなり
外が寒くても急激に建物の熱が奪われる心配がなくなります。

ここまでは堅い話です。
私が好きなのはスクリーンから漏れる光です。
断熱雨戸を設ければ熱的には同じような効果を期待できますが
夜の外観は真っ暗になってしまいます。
濃淡の横縞模様の軟らかい光がこぼれる家はなかなか「オツ」ですよ!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


2階の「机コーナー」の窓にハニカムスクリーンが付くと
無骨なサッシがこんな感じに変身します。

dom0205.jpg

ようやく机の前の障子とデザインが揃いました(嬉々)


posted by TOY-order at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

外構完成♪

「土間のある家」がいよいよ外構まで完成です。
大切に育てた娘を嫁に出す気持ちです(←経験ありませんけど!)

dom0205.jpg

いよいよ明日引渡しです。
もう勝手に出入りできません(涙)



大切に住みこなしてください(号泣)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
でも度々お邪魔すると思いますのでよろしくお願いします。

そぅそぅ
最後の監理料を請求しなければ♪(←イキナリカヨ!)
posted by TOY-order at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

内覧会は無事終了いたしました♪

いやぁ〜
慣れない仕事で疲れました♪

2日で50組以上のお客様が来てくださりました。
今日なんて、10時前なのに外にはお客様がっ!(←ナニガオキタ?)
前の晩の酒が抜けないのと、
初日で底を突いた名刺の印刷に手間取って少々遅刻で到着すると
朝から現場はプチパニック状態でした。
ゴメンナサイ・・・
初日、朝の出足が悪かったので油断してました・・・

んまぁ〜
ほとんどのお客様は工務店さんの営業力で来られた方ですし、
私のお客様は飲み友達、地元のブログ友達、親戚、
先輩設計事務所の所長、知り合いの工事屋さん、営業マンなど
設計の依頼が来ないであろう方ばかりですので、
「もう少し真剣に営業しないとねっ♪」などと反省中でありますが、

それでも、
私のブログの「静かな読者様」が2組来てくださり
しかも「全部読んでます!」と、いきなりのカミングアウト〜〜♪
嬉しいです。
嬉しすぎます。
いゃもぅ、大好きです。

また、
音信が無くすっかり流れてしまったものと思い込んでいたお客様が
今回の内覧会を知っていてくれて
わざわざ現況を教えに来てくださりました。
流れていなかったのですね・・・無作法をお詫びいたします。

そぅそぅ!
色々ありまして延び延びになっていたお客様から
「そろそろ始めたいと考えています」と設計開始の合図です♪
こんなテンション高めの場所で、困ります!取り乱しそうです。

この2日間、たくさんの方と話ができ
私のブログはちゃんと誰かに届いていることを実感できました。
本当にありがとうございます。感謝!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「川沿いの家」のお客様が家族で現場に来ました。ありがとう!
帰り際にご主人から近日開催が予定されている「素人床塗装大会」の
塗料代を預かりました。
急いで年内最後のイベントの準備を始めます。

追記の追記:
イベント中の深酒はもうしません。許して!
posted by TOY-order at 22:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

1日目終了♪

お昼ごろから急にお客様が増えて
夕方まで食事ができませんでした。
嬉しい悲鳴です。

このブログの静かな読者様も来てくださり(←カミングアウト)
とても嬉しかったです。

明日も内覧会を行います。

今夜は飲み会です。バイバイ♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
15〜16日は「土間のある家」の内覧会です。
年末の忙しい時期ではありますが、
全室暖房の心地好さを御体感下さい。

Fgwl0008.jpg
↑クリックで大きくなります。
posted by TOY-order at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

ちょっとだけですょ!

明日は「土間のある家」の内覧会です。
現場を自慢のカメラで撮影してきました。
明日まで内緒にしたいところですが、
ドバーッと事前公開しちゃいます(自虐ネタ?)

dom0174.jpg
dom0178.jpg
dom0182.jpg
dom0184.jpg
dom0185.jpg
dom0194.jpg
画像が小さい?クリック禁止(笑)

内覧会を告知してくださった
実録!材木屋日記 in いわき」さん、
いわきをこよなく愛す日々」さん、
ありがとうございます。感謝!感謝!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
15〜16日は「土間のある家」の内覧会です。
年末の忙しい時期ではありますが、
全室暖房の心地好さを御体感下さい。

Fgwl0008.jpg
↑クリックで大きくなります。








posted by TOY-order at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急ピッチで進んでいます♪

「土間のある家」の外構工事が進んでいます。
板塀と車庫が出来上がりつつあります。

dom6243.jpg
建物が隠れてしまう控えめなデザインがボクは好きですね。

dom6246.jpg
正面の道路から見たところです。
明日が楽しみです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
15〜16日は「土間のある家」の内覧会です。
年末の忙しい時期ではありますが、
全室暖房の心地好さを御体感下さい。

Fgwl0008.jpg
↑クリックで大きくなります。


posted by TOY-order at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

内覧会準備で大奮発!

「土間のある家」の内覧会の準備をしています。
知り合いの家具屋さんにソファーとちゃぶ台を借りて、
事務所の椅子や観葉植物、
先日のイベントで作ったパネルも持ち込む予定です。

それでも何か物足りない・・・
ダイニングテーブルつくっちゃおうかな・・・
早速現場でスケッチ・・・
dom6254.jpg

お客様に使っていただけるか確認し、いきなり現場に指示!
外構の工事に来ていた大工さんが笑っています。

そして、翌日〜〜♪
dom6226.jpg

dom6225.jpg

ダイニングテーブル完成です。
予算の都合で天板の幅が少々狭いですが、
幅広に改造可能ですのでそちらは自己負担でお願いします。

さて、
今回の費用は全てボクの自腹となりますので、
どうにか資金を調達しなければなりません。
そんなわけで、
東海地方の若旦那と市内の知り合いに小額の請求書を送ります。
ご協力お願いします(笑)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
15〜16日は「土間のある家」の内覧会です。
年末の忙しい時期ではありますが、
全室暖房の心地好さを御体感下さい。

Fgwl0008.jpg
↑クリックで大きくなります。



posted by TOY-order at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

内覧会のお知らせ

内覧会の案内をつくりました。
今度の週末です。
年末の忙しい時期ではありますが、
全室暖房の心地好さを御体感下さい。

Fgwl0008.jpg
↑クリックで大きくなります。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
この日までに外構工事が終わらないのが残念です。
それから、断熱ブラインドが届きますように・・・
posted by TOY-order at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

暖房の準備は間もなく完了します!

「土間のある家」は15〜16日に行う内覧会までに
暖房の試運転調整を済ませなければなりませんので、
大急ぎで暖房設備を設置しています。

断熱と暖房を体感していただくのが今回の趣旨ですので、
直前に暖房機のトラブルなんて目も当てられません!

dom6188.jpg

残りはオイルタンクです。
外構工事が終わっていませんので
ボイラーの近くに仮置きすることになりそうです。
(面倒かけますっ!!)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:

dom6190.jpg
丸い大黒柱に縄が巻かれました♪

dom6192.jpg
敷地の裏の竹林をきれいに剪定しました♪



posted by TOY-order at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

照明チェック♪

夜の現場探検で「土間のある家」に行ってきました。
明かり具合の確認は夜しかできませんからね。

dom0152.jpg
ちょっと傾いてるけど気にしないで下さい。

dom0154.jpg
ダイニングテーブルが無いとペンダントライトが宙に浮きますね。
上の梁を写さないほうがよかったかな?
(写真のことばかり書くようになってる気がする)

dom0159.jpg
3人掛けのソファーと大きなテレビを置いていただきたいです。

きれいな明かりでホッとしましたが、
お客様の好みに合うとは限りませんので
しばらく緊張が続きます・・・

工事も最終段階で、
完了検査を受けて
ハニカムサーモスクリーンを吊ればほぼ終了で、次は外構です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
15日(土)〜16日(日)で完成見学会を行う予定です。
暖房の試験運転も兼ねていますので、
床下暖房に興味のある方は是非いらして下さいませ。
まず案内のハガキを作らなければ・・・
posted by TOY-order at 04:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

縄巻き♪

「土間のある家」の現場に
断熱+耐震改修のお客様を案内しました。

住宅の大規模改修の予定が
大幅な性能リフォームの話になってしまいお客様は大混乱♪
そんなわけで
以前断熱リフォームをしたお客様を尋ね、
お話を聞かせていただきました(これが一番良く伝わるね)
そして現在進行中の現場「土間のある家」を案内しました。

うまく仕事につながりそうです(ご満悦〜〜)

dom6167.jpg

現場ではリビングの丸柱に縄を巻いていました。
皆さん口を揃えて「相撲部屋?」と聞きます・・・見てろよっ!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


私信:
週末の外構の仕様確認の件ですが、
郡山でイベントがあり出席できません。
現場担当のNさんに、私の考えを伝えてありますので
参考にしてください。よろしくお願いします。

posted by TOY-order at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

建具工事中

「土間のある家」は間もなく完成です!

現場は建具の吊り込み作業中でした。

dom0098.jpg
子ども室の扉です。

dom0099.jpg
廊下には机コーナーがあります。

dom0100.jpg
障子を開けるとリビングが見えます。

このダラダラとつながっていく感じが好きなんですよ。
狭い部屋も広く感じることができます。
単にガランと広いだけのワンルームより気持ちいいですしね♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
内装の雰囲気を「白木」で統一しましたので
かなり若々しい家となりました。
これらの材料はゆっくりと変色していきますので
お客様と一緒に年を重ねていくことでしょう。

「経年変化を楽しめる家」ですね。

posted by TOY-order at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

つくり付け家具♪

「土間のある家」に家具が付きました。

dom0081.jpg

↑食堂の引き出し

dom0087.jpg

↑2階廊下の机コーナー♪

dom0086.jpg

↑階段下収納

階段下収納は何度もつくっている引き出しです。
(ワンパターンとか言わないでくださいね)

想像以上の収納量だとお客様も喜んで下さっています。
ほっと一息ですね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
新しいデジカメが楽しくて・・・
今日のお気に入り♪
dom0084.jpg

マニュアル撮影は諦めつつあります・・・

posted by TOY-order at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

裏山のある敷地は楽しい

省エネ住宅フェア」のパネルに書く文章の下書きです。

裏山のある敷地は楽しい

太陽に光が当たるとたいていの物は温度が上昇します。
太陽の光は何かにぶつかると熱に変わる性質があるからです。
この性質を上手に設計に取り入れると省エネで暖かい家ができます。
問題は夏です。
毎回悩んでいる部分ですが「土間のある家」は問題ないです。

理由は敷地条件です。
建物の北側に山があるのです。
植物は太陽が当たっても急激に温度が上昇することはありません。
根から吸い上げた水分を葉から放出し
気化熱によって温度が上がらないような仕組みになっているのです。

面白いのは木陰です。
木陰には木気化熱により少し冷された空気が降り注いでいるのです。
天気がいいときほどたくさん降ってきます。
気持ちよさそうでしょ?
敷地の裏側に山があったらもう大変です。
山の斜面を清清しい空気が滑り降りてくるのを想像してください。

この空気を上手に建物に誘い込む仕掛けを設計しました。
敷地条件をていねいに読み解いて設計すると楽しい家ができますよ!

dom6046.jpg

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


業務連絡:
yuさん、
後ほど面積などを送りますので
レイアウトをお願いします。


posted by TOY-order at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。