2007年09月16日

電気打ち合わせ(午前の部)

「土間のある家」の電気の打ち合わせです。
午後は「川沿いの家」の打ち合わせですので
休日にダブルヘッターです。

階段の3路スイッチ(上でも下でも入り切りできる)で悩んでいると
お客様に階段裏側の照明を使う案を考えていただきました。
ありがとうございます。
柔軟な発想で現場を観るように心がけていますが、
マイリマシタ・・・今回は完敗です。

「家」は現場に係わる人と一緒に「つくり上げていく」ものです。
設計図の独善的な思い込みは、
現場の職人さんによってリアルな形として組上げられていきます。
私はこのやり取りからたくさんのことを学びます。
もちろん、お客様から教わることもたくさんあります。
設計の仕事はやめられませんね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
電気の打ち合わせ内容をまとめていますが、
どちらの打ち合せ内容だったか混乱してきました・・・
これは今日中にまとめないと絶対に間違えますぞ!
社内規定に「電気打合わせダブルヘッター禁止」を書き足します。




posted by TOY-order at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

断熱工事開始

「土間のある家」の工事が少し中断していました。
工事屋さんが「ひたちの家」の建て方に職人さんを
全員連れて行ってしまったのです。

屋根ができるまでは、建物をできるだけ濡らしたくありませんので
仕方ありません。お客様ごめんなさい。
「ひたちの家」が軌道に乗れば現場が止まることはありません(汗)

さて、
現場には断熱材が運び込まれています。

dom5177.jpg

屋根断熱用のもので、厚さが20cmあります。

dom5178.jpg

これを室内側から上向きで屋根下地に詰め込んでいきます。

dom5175.jpg

無理やり押し込むような手荒な工事をすると
自称「断熱オタク」の設計屋がすぐにダメ出ししますので
この時期の大工さんはいつも以上に緊張しています。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
別の現場での断熱工事ダメ出し記事はこちら
読み返してちょっと反省!
ぃゃぃゃ
お客様のためですから、ここは心を鬼にして監理していきますよ!
posted by TOY-order at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

外観

「土間のある家」の屋根工事がほぼ終了です。

dom5137.jpg

設計のイメージにかなり近いものとなっていますので
少しホッとしました。

dom5143.jpg

アルミの断熱サッシも付きました。

dom5145.jpg

リビングの巨大家具の骨組みです。
今後の現場打ち合わせが仕上がりに大きく影響しますので、
しっかり先回りして行きたいですね。
ちなみに、巨大家具の完成イメージはこちら

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
デスクワークに飽きると現場に逃避しています。
困った〜困った〜楽しい〜っ♪

posted by TOY-order at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

床下の設備たち

「土間のある家」は屋根の防水が終わりましたので
屋根工事と同時に床下の設備工事が行われています。

dom5125.jpg

柱や梁が現しになる部分が多いですので、
電気配線のスペースが限られています。
電気の線がかなり遠まわりしていたり・・・(問題点ですね)

dom5132.jpg

床下暖房の温水パネルも設置されます。

dom5133.jpg

「土間のある家」の見せ場である土間部分は、
リビングから20cm低い仕上がりですので、
この段差を暖房用床ガラリとして計画します。
土間は床下暖房の欠点である床面の『変な穴』を無くすことができる
面白い空間です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
屋根工事も始まっています。
dom5129.jpg

お隣さんを意識した「町並みづくり」という裏メニューも
同時に確認しなければなりません。緊張します。

posted by TOY-order at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ショールームには魔物が住む!

お客様と、現場で待ち合わせしてショールームに出掛けました。
建物の進捗状況を説明し、
近くの住宅地をまったりと散歩して壁の色の好みをリサーチ!
お客様の好みが私のイメージと近かったのでホッとしました。

大きなショールームのある郡山市まで車で移動です。
途中お昼ご飯をご馳走になり、
好きな家具屋さんに寄り道したら
予定時間をかなり送れてしまいました。
工事屋さんにアポイントをお願いしたのですが、
現場に集合する時間で予約するなんて・・・絶対遅刻でしょ!


最初に玄関ドアの色決めです。

dom5081.jpg
お客様はかなり悩み、最初の色に戻ってきました(笑)

キッチン、浴室、洗面化粧台と選んでいくのですが、
少しずつ、そして確実にグレードが上がっていきます。

dom5083.jpg
浴室イメージ!

私はお客様と仕様の確認にショールームにいくのですが、
ほとんどのお客様は物欲に負けてしまいます(失礼!)
メーカーさんのために出掛けているような気がしてきますね。
(新商品情報のチェックができて楽しいですけどっ♪)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
2階の手洗いは私のスケッチが却下されていた場所なんですが、
最終的にそれに近いデザインに落ち着きちょっと嬉しかったり♪



posted by TOY-order at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

設備工事開始!

9月1日は「防災の日」です。
私は朝から現場を4件ハシゴして暴れまわっていますので、
現場担当者は十分防災の日を意識できたと思います。

さて「土間のある家」ですが、凄いことになっていました。
大工さんがいつもの倍います。
別の現場に材料が届かなかったので急遽手伝いに来たそうです。
それで十分ザワザワする人数なのに、
屋根屋2人・水道屋3人・電気屋2人・暖房屋2人
現場担当者と私でさて何人?

金魚すくいの水槽を見るようです。

dom5077.jpg

水道工事の給水ヘッダーです。

dom5079.jpg

電気の床下配線も進んでいます。

dom5080.jpg

床下暖房工事も始まりました。

作業するのは作業服を着たチャパツの兄さん方です。
えぇ、
街であったら目を合わせたくないタイプの方がたくさんいます。
彼らは固体距離が一般的な成人男性と比較して大きめですので、
すごい人数での作業というストレスにかなり参っていました(失礼)
もちろん、
配管、配線スペースが限られた現場ですので、
納まりの疑問点も山積していますが、
同じ業者の方が次々同じ質問をしてくるのはいかがなものかと・・・
おまけに現場の奥で何か叫んでる・・・

現場担当者との打ち合わせに職人さんを交えたのですが、
きちんと現場と図面を把握しないで話しているようだったので、
少し意地悪な納まりをお願いしてみました。
(もちろん本当の納まり案は用意できていますよ♪)
職人さんが真剣にもっと(楽で)良い納まりはないか考え始めます。
そうそう、この緊張感!
全員の思考が一つに向いたときに、当初考えていた案を提示し、
現場は丸く納まるのでした。
ちょっと意地悪な対応でしたが、
思考が停止した集団に囲まれるのが嫌いなんで、許してください。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
朝から現場を回り、この現場を出たのが夕方5時でした。
疲れている職人さんをさらに疲れさせる困った設計屋ですね。
しかし、
夕方、汗かきオヤジ集団が作業していた現場の中には
尋常ではない数の「蚊」がいました。
不快指数の高い現場をさらに不快にさせる嫌な虫です。
吸ってもいいから、痒くしないで欲しいです。

追記2:
職人さんに嫌われていませんように・・・(←テオクレデハ?)

posted by TOY-order at 23:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

屋根納まり

始発で東京出張です。
朝5時58分の特急に乗るのですが、
少し余裕がありますので、現場を見て一つ隣の駅から乗車しました。

「土間のある家」に朝5時に行きました。
当然誰もいませんし、カブトムシもいませんでした(残念!)

下屋部分の屋根下地ができています。

dom5047.jpg

おや、

dom5051.jpg

あれれ、

dom5052.jpg

この屋根のすき間はどうやって納めるんだ?

昼休みに現場担当者に電話して屋根の納め方を協議しました。
上の屋根の野地板は仮止めしかしてないそうで、
いつでもパカッと剥せる状態らしい。
それであれば、下の屋根の板金を上まで立ち上げましょう!
サイディングは塗装の色が決まっていませんので
塗装可能な軒先から10cm程度まででかまいません。

行きの電車で対応を検討してありましたし、
きちんと状況を把握できていましたので話が早かったです。
やはり、家づくりは現場主義ですね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
東京出張の話は今度詳しく書きます。
次の日お客様と打ち合わせがありますので日帰りです。
来週も埼玉出張で半日講師の仕事をしてきます(泊りです♪)
次の週は、福島で省エネ・環境強制共生型住宅の会議に出席するのと、
健康住宅サミットで2時間舞台に上がらなければなりません。
設計以外の仕事が続きますので、気が重いです。

posted by TOY-order at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

野地板

「土間のある家」はドンドン形になっていきます。
数日前までコンクリート製の突起物しかなかったのに
突然骨組ができたと思ったら、もう全体像が浮かんできました。
家づくりをしていて最もわくわくする時期です。

dom5026.jpg

設計中は、迷う度に何度も何も無い敷地を見に行き
計画している建物の姿を想像し、
そしてさらに悩み、模型やスケッチで少しずつ「形」にしていきます。
この「脳内完成形」と「現実」の差を確認する緊張感がたまりません!

今回の建物の裏課題は、隣接する純和風の家との関係です。
そっくり同じデザインでも変ですし、
まったく意識しないで無神経な奴だとは思われたくありません。
平屋の和風の家と並べるデザインをかなり意識しましたが、
こうして見ても違和感が無いボリュームでまとまりましたね(笑)
色使いさえ間違えなければきれいな町並みがつくれそうです。
この意識は後から建てる者の礼儀だと思うのですが、
最近の住宅地でそれを感じる風景に出会うことは極稀です。
(まだ完成していないので、これ以上偉そうなことは書きません!)

dom5029.jpg

屋根下地の軒先部分には耐水合板を使用します。
それ以外は構造用合板です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
お客様から「上棟式はいつ?」と聞かれてしまいました・・・
最近はほとんどしないものですから・・・
きちんと確認していませんでした・・・スミマセン・・・
外壁が塞がる前で、日がいいときに小さなセレモニーを計画しましょう!



posted by TOY-order at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ユウダチ

夕方、突然の豪雨です。
「土間のある家」の構造材が雨でぬれてしまうのが心配で、
現場に電話をしたところ、
「屋根をブルーシートで養生しました♪」ですって!

重箱の隅を突くのが趣味の設計屋が困った顔で監理する現場なのですが
職人さんに大切に守られていることを実感する瞬間でした。
これからもよろしくお願いします。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
屋根下地ができるまで変な雨が降りませんように・・・
自称「アメオトコ」より



posted by TOY-order at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

巨大垂木!

「土間のある家」の垂木は巨大です。
垂木のくせに高さが235mmもあります。
こう大きくては大工さんも大変です。

dom4976.jpg
屋根の断熱性能をしっかり確保するためには
最低でもこれくらいの厚さが必要です。
夏、2階が暑い原因の一つはここなのです。


おまけに垂木の大きさが外から分からないような設計ですので
現場であちこち調整しながら建て込んでいきます。

dom4971.jpg

「早く写してくれ〜!余計に切っちゃうぞ〜!」
大工さんから冗談を言われました。
何棟も一緒に建ててきたありがたいパートナーです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
お客様と「屋根」「サッシ」の色決めをしました。
色は決めは天気のいい日に現場で行うようにしています。
蛍光灯の下ですと違う色に見えます。
posted by TOY-order at 21:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

上棟しました!

「土間のある家」は上棟しました。

dom4959.jpg

たくさんの職人さんがテンポ良く組み上げていきます。
今回の現場には、
これまで私の現場を何度も工事してくださったベテラン大工さんが
2人いますので、その他の職人さんを上手に使って
作業によどみがありません。

そして、
大工さんと相談して先貼りシートを省略する工法を採用しました。

dom4958.jpg

そのときのスケッチです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
同時に工事中の別の現場ではこの納まりは採用しません!
初めての業者さんは基本に忠実に作業していただくこととします。
posted by TOY-order at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

土台敷き

「土間のある家」は順調です。
土台敷きが始まりました。

現場には軸組の材料が積んであります。
ここから立ち上がりまでは驚くほど早いのですが
その後大工さんの人数も減り、ゆっくりと現場は進んでいきます。

dom4934.jpg

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
基礎のアンカーボルトの設置が少々雑な部分がありました。
心配していたのですが、大工さんの配慮が足りず・・・
土台に深くて大きな座彫りが・・・
ごめんなさい土台を3ヶ所作り直してください!
この現場最初の「ダメ出し」です。
基礎屋さんに問題があると大工さんにシワ寄せが行くんですよ。

現場担当者も対応が早かったので
工程に大きな影響はありませんでした。
設計屋の仕事は「アラサガシ」なんです・・・
この手の指摘に躊躇がなくなるまで、かなりの時間が必要なんですよ!
posted by TOY-order at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

足場組立

「土間のある家」は順調に進んでいます。

dom4803.jpg

基礎断熱のモルタル塗りも終わり
建物外周部の埋め戻しが済みました。
モルタルは下塗りまでですので、かなりガサガサしています。
仕上げの上塗りは工事中に傷むのを嫌って完成直前に行います。
さて、
いよいよ足場が登場します。

dom4805.jpg

職人さんが次々組み立てて行きます。
システマチックな部材を積み上げる作業は見ていて気持ちいいですね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
週末は屋根とサッシの色決めです。
サッシの内側の色も決まるので内装の雰囲気も見えてきます。
1回目の色決は、毎回お客様以上に緊張しています。
posted by TOY-order at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

トンボ

「土間のある家」は基礎断熱です。
建物の基礎のコンクリートを断熱材で外側から包み込みます。
これで床の断熱工事が不要になり
基礎部分の蓄熱性能を活用した全館暖房方式を設計しています。

dom4784.jpg

基礎断熱の画像です。
なにやら怪しいヒゲがたくさん付いていますね。
これは「トンボ」です。
基礎断熱の外側に塗るモルタルの下地を止めるためのものです。
私は、樹脂モルタル一発仕上げで設計するのですが、
現場はいつもひび割れを心配してラス網を下地に使います。

ちなみに、
このモルタルは断熱材全面に塗ります。
通常は地面の中までは塗らないことが多いのですが、
シロアリに対する物理的バリアーと考えて施工しています。
薬品に頼らない防虫対策を「ケミカルフリー」と言うそうです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
dom4789.jpg

設備ピットの配管工事も始まりました。
posted by TOY-order at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

土間の下地

珍しく早起きして現場に行くと
既にコンクリートが打ち終わっていました。

dom4781.jpg

今にも雨が降り出しそうで下ので、ブルーシートで養生します。
写真は養生の下地です。

んまぁ〜
ここはタイル貼りとなる部分ですので、
多少下地が荒れても問題ないところなのですが、
現場の担当者はかなり神経質な方です(←設計屋がウルサイから?)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ようやく基礎が完成です。
現場はこれから細部の納まりや色決めなど悩み所満載です。
posted by TOY-order at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

炎天下に型枠運搬?

街はお盆休みモードなのに
「土間のある家」は基礎型枠を外しています。

dom4766.jpg

お盆明けから始まる「ひたちの家」の現場に
型枠を運んでおくのだそうです。
この2軒は、同じ工事屋さんにお願いしています。
監督も同じ人を指名しましたので大変です。
私が設計した家を何棟もつくった経験のある監督ですので
かなりの部分が「○○邸と同じでお願いします」で片付きます。
とても心強いパートナーです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
第2土曜日で休みだったので
かなりラフな格好で現場に行ってしまいちょっと反省中!
炎天下、汗ダラダラで働く皆さんの視線が痛かったです。
posted by TOY-order at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

コンクリート打設完了

「土間のある家」は順調に進んでいます。

建物と基礎はアンカーボルトで固定されますので
ボルトの施工精度は重要なポイントです。

dom4754.jpg

今回は型枠の背が高いものを使用していたことと
鋼製型枠だったために、ボルトを型枠に固定できず
きれいに仕上がるか心配だったのですが、
大きく芯からずれるものも無く一安心です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
型枠の一方が断熱材の部分での、
きれいなアンカーボルトの施工方法は課題が残っているようです。
基礎屋さんと事前の打ち合わせをもう少ししておけば
こんなにハラハラしないで済みましたね。
posted by TOY-order at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

アンカーボルト固定

郵便局に荷物を取りに行った帰り
「土間のある家」を見てきました。

dom4733.jpg

基礎立ち上がり部分の型枠ができていて、
内部を見るとアンカーボルトが鉄筋に固定されてありました。

dom4740.jpg

型枠が鋼製で、
実際の立ち上がり高さより高いものを使っていますので
私がお願いしたような固定方法はできませんでした。
そこで、写真のような方法で固定することとなりました。

この方法ですと、
基礎の中央にボルトが配置されるかは鉄筋の精度によりますが、
それなりの仕上がりが期待できそうな状況です。
コンクリート打設時にバイブレーターで動いてしまわないよう
気をつけて作業を進めることをお願いしてきました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
屋根・外壁のサンプルが準備できたと連絡がありました。
いよいよ仕上げ材の選定が始まります。
お客様の好みがそれぞれ違いますので、
別の現場と間違えないようサンプルは注意深く扱う必要があります。
緊張してきました♪
posted by TOY-order at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

アンカーボルト

「土間のある家」は
基礎立ち上がりコンクリートの型枠工事が始まりました。

dom4715.jpg

床下暖房の温かさがきちんと建物全体に伝わるように
そして、床下のメンテナンスがきちんと行えるように
さらに、構造的に弱くならないように
そんなことを考えながら、基礎の一部を切り取っていきます。
(勿論、現場で考えるのではなく設計図面にあわせてですよ!)

アンカーボルトの「田植え挿し」を嫌う私は、
長さを揃えて型枠に固定するようにお願いするのですが、
現場の基礎やさんは
「田植え挿し」こそ最高の施工方法だと言います。

でも、
コンクリートを打設しながらボルトを挿していくと
傾くし、長さはばらばらだし、芯に入ってないし・・・
とても最高の施工方法だとは思えません!

そんなわけで、
なんとか固定していただくようにお願いしてきました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
昼休み中に現場を2軒ハシゴすると、すでに1時半、
現場でアンカーの話をしていると
電話が・・・あっ!また電話が・・・
あらら、事務所に戻れない・・・
posted by TOY-order at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

土間コン

コンクリートを打ちました。

コンクリートはセメントと水が反応して硬くなりますので、
急激に水が減ったりすると計画していた強度が出ません。
そんなわけで、
夏の日差しはかなり手ごわい相手です。

朝一番で打ったコンクリートですが、
昼休みに見に行ったら表面が乾燥しそうです!
現場に仮設の水道はありますがホースがありません、
監督に電話して早急に対応していくれるようお願いしました。

ちなみに私が一人慌てていたとき、
基礎屋さんはホースを持って現場に向かっていました。
いつも空回りしてます・・・

dom4706.jpg

暖房機が床下に配置される設計をしているため、
床下には私も時々潜ります。
そんなわけで、
床下のコンクリートの仕上がりにはちょっとうるさいです。
今回はいい仕事してますね〜〜♪

dom4708.jpg

設備のピットも出来上がっていました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
この調子ですと、お盆前に基礎のコンクリート工事が完了します。
アンカーボルトの設置方法を打ち合わせしました。
posted by TOY-order at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。