2007年08月04日

配筋検査

現場から電話があり「土間のある家」の配筋検査に行ってきました。
そりゃ、事務所から車で10分ですので、
ホイホイ行けますけど、
できましたら事前にお願いしたいところです。
(↑ちょっと忙しいからって、いい気になってる!)

配筋は特に問題ありません。
立ち上がりの高さが変わる部分を再度確認してきました。

dom4700.jpg

奥に箱があります。
何でしょう?

dom4699.jpg

実は設備ピットです。
べた基礎の場合、
コンクリートの下に配管を埋めてしまうことが多いのですが
それでは万が一の不具合に対応できませんので、
私の設計する建物は設備配管をできるだけ埋めません。

dom4698.jpg

箱の隣はこんな感じです。
床下の配管は仕上げや構造を傷めることなく改修可能です。
建物の耐久性は「改修可能性」で決まる部分もあると思います。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
この10本程度のスリーブですが、
電気屋さん、水道屋さん、暖房工事屋さんが
来て取り付けたそうです。
この程度の作業なら、
きちんと位置を教えていただければ私でもできそうです。
この辺りをもっと合理化したいですね。

さて、「川沿いの家」の現場に行ってきます。
posted by TOY-order at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

断熱型枠

「土間のある家」は順調に進んでいます。

鉄筋工事は明日からの予定でしたが、
すでに始まっていました!!!

dom4690.jpg

水色の板が断熱材で、基礎の外側を断熱材ですっぽり包みます。
私の設計する建物は基礎で断熱しますので
床に断熱材は入れません。
いろいろとメリットがある工法なのですが、
現場の写真と一緒に説明していきたいと考えています。お楽しみに!

dom4689.jpg

現場では断熱材の種類を確認します。
材料に性能が印刷されていますので気をつけてみておくべきです。
「3種b」とあれば安心ですが、
「1種」の場合、断熱性能の劣化が非常に早くなります。
快適性を長く維持したいのでしたら、
妥協してはいけない部分のひとつだと言ってもいいですね。

dom4692.jpg

写真右側で基礎の一部が下っている部分が
設備用配管ピットです。
通常は、基礎工事の途中で設備工事屋さんが現場に来て、
せっかく締め固めた基礎の下地をほじくり返し、
配管を埋める作業をします。

この配管はその後コンクリートで埋められてしまいますので、
何十年後かに改修するときなどは、大変なことになるでしょう。
私の現場は「構造」「設備」「仕上」を明確に分離するのが目標です。
このあたりについてもゆっくり描いていきたいと考えています。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「川沿いの家」の近所の現場でよく知ってる大工さんを見かけました。
そちらの現場が一段落付いたら
「土間のある家」に来る予定だそうです。
安心して任せられる「一流の施工チーム」だと思っています。
ちなみに私は、
3時ごろよその現場にお邪魔して、お茶飲んで帰る変な奴です♪

やっと事務所に帰れる(ハァハァ)
posted by TOY-order at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

地盤改良完了!

でっかい機械が占領していた敷地がようやく広くなりました。

dom4665.jpg

dom4668.jpg

砕石を敷いていますが、改良杭の丸い頭が見えます。
主要な柱の下で「丸頭君」が頑張ってくれる構造なのですが、
それほどシビアに柱の下を狙って埋めなくても
べた基礎ですので問題ないような気もしますが、
ていねいな仕事に感謝することとしましょう♪

お盆前にコンクリートを打ってしまいたいのですが
台風が来ています。お天道様よろしくお願いします。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
現場には立派なゲート付いていました。
夏休みですので、近所の元気なお坊ちゃんに何かあっては大変です。
安全第一で現場は進みます。
posted by TOY-order at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

地盤改良完了!

地盤改良工事が無事完了しました。

dom4658.jpg

先日紹介した機械の先端はにはごっつい横棒が付いています。
これがスイスイ潜って行くのを見ると
確かに軟らかい地盤だと思います。

dom4660.jpg

オペレータさんの手元には計器がたくさん付いていて
ドリルの抵抗値で固い地盤に届いたことを確認します。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
地面の下にお金を使うのは、かなりもったいなく見えます。
でも、地震が来るたびビクつくのも嫌ですし、
完成してすぐに建物が傾いたりしたら目も当てられません!
やはり、この工事は必要な工事です。
「このお金があれば・・・」とか考えてはいけない(でもさぁ・・・)

posted by TOY-order at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

地盤改良開始!

「ひたちなか市」での研修会の準備をしていると
「土間のある家」の工事屋さんから電話がありました。

『地盤改良工事が始まりますので立会いお願いします。』
よりによって、このタイミングで電話くれなくても・・・トホホ

早速現場に行ってきました。
dom4653.jpg
セメントミルクを柱状に土と攪拌していきますので
杭打ち機のほかに大げさな機械がいくつも並びます。

dom4651.jpg
これが杭打ち機ですが、
地面を縦に掘るドリルにセメントを流し込むホースが付いた機械です。

dom4652.jpg
改良工事完了部分はこのようにスプレーでマークしていきます。

3本ほど確認した後、
地中の硬い層まで到達したことを確認する方法を聞き、
それぞれの杭長さを報告するよう指示して事務所に戻りました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
事務所の戻ったら、次の予定が遅刻ギリギリ!
いつもこんな感じで予定が狂っていきます。
こんな性格ですが、ちゃんと計画は立てているんですよ・・・(涙)



posted by TOY-order at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

地鎮祭

日曜日は「土間のある家」の地鎮祭でした。
4日で3回です。
奉献酒、たくさん買いました。

3回とも別の神主さんでしたが、
それぞれスタイルが違います。
榊の廻し方や踏み出す足まで指導する「ファンキー神主さん」
車に竹を積んで来る「段取り神主さん」
そして今回は、
笑顔が神掛かっている「恵比寿顔神主さん」

dom4639.jpg

地盤がゆるいので、
最初は地盤改良工事となります。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
地盤改良工事は、地盤調査をしていただいた会社が行います。
ここんところ、
何ヶ所か連続して地盤が弱かったものですから
本気で疑いたくなりました。
んまぁ〜
よろしくお願いします。
posted by TOY-order at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

設計完了

これでもかと描いた家具の図面を消しています(号泣)
外構の図面もかなりサッパリしてしまいましたが、
なんとか予算内で納まりました。

お客様とは、住ながら完成度を上げていくところを話し合い、
現時点での完成予想イメージを共有することができました。
建物完成後「イエソダテ」に係わっていけたら幸せです。
これって、
家を大切に使い続ける約束をしていただいたことですからね!

数日中に工事の契約となる予定です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


内装や家具などのデザインの部分を諦めても
建物の性能確保を優先してくださった方ですので、
快適な家になるように頑張りますよ!

追記:
予算配分能力の未熟さに毎回冷や汗を流す断熱オタクなのでした。
posted by TOY-order at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

着陸しました。

前回の続きです。
先日届いた見積書を、隅から隅までチェックして、
過剰設計と思われる部分をドンドンそぎ落としました。

設計の打ち合わせで提案した内装材なども、
「仕様を変更するとこれだけ減額可能です」と変更案を用意しました。
また、幾つか見積もりもとりました。
私のような設計事務所が見積もりを取っても、
工事屋さんより安く出てくることはほとんどないのですが、
過去の付き合いなどで、極々稀に安くなる項目があります。
事務所の新人さんは、
私の電話一つで10万円以上安くなるのをみて、
「家づくりの値段ってどうなっているの?」と悩んでいます。

家の値段って本当に不明確ですね。
商社を通すと安くなったり、
グレードが高いキッチンのほうが実売価格は安かったり、
ネットで信じられないような価格で売られていたり、
それなりにリスクがあったりしますので、
トータルで安くなるとも限らなかったり・・・

私でも理解できない常識がたくさんありますが、
とりあえずあの手この手でリスクを回避しつつ
ドンドンそぎ落としました。(びっくり裏技は工事中に報告します)

そして、今日お客様と金額の打ち合わせを行い、
当初の建物のイメージを崩さないレベルでの着陸に成功しました。
いゃ〜よかった!(ただし外構をどこまで造り込むかは保留状態)

dom4391.jpg
外観もほぼこのままです!(楽しみ〜!)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
頑張って描いた家具図は、
予算の都合でかなり削除されてしまいましたが、
将来の完成形としてお客様とイメージを共有できましたので
無駄ではなかったと考えています。
だってほら、
お客様も雰囲気に合わない「かっこ悪い家具」を選びにくいでしょ?
ある意味、痛み分けのような状態なのです(←ォィ!)
posted by TOY-order at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

がんばりすぎ?

「土間のある家」の工事費が工務店から届きました。

やっちまいました・・・
すごい金額です。(・・・ヤバイ・・・お客様絶句・・・)

見積書を細かくチェックしていますが、
これまで何度か一緒に家づくりをしたことのある業者ですので、
見積書の単価はいつも通りです。
見た限り数量も大きく違っていないようです。

つまり、
がんばって描き過ぎてしまったということです。
サッシの寸法もこだわっちゃいましたし、
造り付け家具もこだわって描いちゃいました・・・
断熱性能もかなりレベルです・・・(自爆)

大きくデザインを変えることなく、
設計変更をしなければ契約になりません。
当然、建物の基本性能は妥協しません!
(断熱を減らしたら私じゃなくなってしまいますからね)

とまぁ〜このように、
設計事務所との「家づくり」は、
図面が全て完成して見積もりを取るまで
実際の工事費が分かりません。悲しい宿命を背負っています。
ハウスメーカーの家づくりのような、
「基本プラン+オプション」で簡単に金額が弾き出される
明瞭な仕組みにはなっていないのです。

そのかわり、
お客様の要望に対して「できません」なんて言葉は
簡単には言いませんので、
こだわる建て主さんにとってはメリットがあると思うのですが、
金額面での不安はかなり大きなものとなってしまいます。
私もお客様同様毎回ここで悩んでいます。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


ただし今回は設計を楽しみすぎてしまったことが明確な原因で、
自ら招いた大きな大きな山場だといえます。
ここを乗り切れば楽しい現場が待っていますので、
とにかく頑張ります!
設計屋好みの計画条件というのも、ある意味問題ですね(←ォィ!)
posted by TOY-order at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

実施設計完了♪

日曜日「土間のある家」の設計打ち合わせを行いました。
図面が全てそろった段階での打ち合わせですので、
3時間喋りまくりです。

小さな設計事務所ですので、
大きな建物でなければ電気図、給排水設備図、暖房設備図なども
自分で描いてしまいます。(外注費節約のためです)
特に暖房設備図は、断熱計算をしないと描けません。
私は、設計の早い段階に断熱性能の目標を決めておき、
それを目指して詳細を決めていきますので、
かなり小さな機械で全室暖房を設計しますが、
今の所、温まらないなどのクレームはほとんどありません(自慢!)
あっ!
「関西の家」で大変だったのを思い出しました。
でもあれは、誤ってリモコンの裏設定を操作してしまったから・・・
      (↑イイワケスルナ)

とにかく、大きな失敗はほとんどありません!

打ち合わせでの変更点と、図面の食い違いなどを修正して、
工事業者さんに見積もりをお願いしました。
さて、
どんな金額になりますか!
調子に乗ってかなりの量の作り付家具を設計しましたので
かなり緊張しています。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
近く、お客様とキッチンのショールーム巡りをしてきます。
ショールームは行く度に素敵な新商品が展示されていて
見慣れているはずの私でもワクワクします。
でもこれって、
最新デザインのキッチンをがんばって設置しても、
数年で陳腐化してしまうってことですよね・・・
この国はデザインも大量消費で成り立っているんですね(涙)
最近『耐久消費財』って言う言葉が、ウソっぽくて嫌いなんです。
posted by TOY-order at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

外観検討中♪

『土間のある家』は、連休明けが締め切りだったのですが、
例によって終わっておりません・・・本当にごめんなさい・・・

先日、ボリューム模型の写真に色鉛筆で着色し
外観のイメージを検討しました(←今頃?)

dom4391.jpg

「お隣さん」が、キレイな和風の外観ですので
後から立てるものの礼儀として
お隣に対して違和感のないデザインを目指しました。

建物単体では景観をつくることが出来ません。
個性を主張しすぎた住宅地が雑然としているのは、
町並みに調和がないことに原因があるのではないでしょうか?
今回は設計当初から「お隣さん」をかなり意識しています。
理解のあるお客様に出会えてよかったです(だのに遅筆!)

さぁ!
『キレイな景観を作り出せるのかっ?!』
心地いいプレッシャーです!(←かなり無理してます♪)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
6月中には着工したいと考えていますが、
予算も心配でして、超えるべきハードルはまだまだ続きます。

posted by TOY-order at 14:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

クジラの腹の中

「土間のある家」の設計中です。
2階の屋根裏スペースを、内側から押し広げて
小さな書斎を計画しています。
内側の寸法からつくられる部屋は、
鳥の巣のようにピッタリサイズとなります。
おかげで屋根の一部が「ポッコリ」してしまいました(笑)
しかも屋根の断熱が厚いですので、予想以上のポッコリです。
ここのデザインは悩みどころですぞ!


その小さな部屋には本棚が並びます。
「クジラの腹の中」のような部屋をイメージして下さい。
肋骨が透けて見える不思議な安心感のある部屋です(ワカル?)
ちなみに童話の世界では、クジラの腹に入った主人公が
そこで大きく成長する事例が多いらしいですよ!

dom4249.jpg

屋根裏部屋ですので、
入り口には段差を設けました♪
(本当はヤムニヤマナイ理由が・・・)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
設計の仕事は、
あれこれ検討していると、ついやり過ぎてしまいます。
これは、深夜に書いたラブレターのようなもので、
恥ずかしくて人には見せられません!!!
今回のスケッチは、過剰設計を防ぐために描きましたので、
壁の向こう側まで描かれていたり、ちょっと汚いですね。

デザインしすぎない家を目指しています。
posted by TOY-order at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

Giant Furniture(2)

「土間のある家」の巨大家具の検討を進めています。

dom4230.jpg

リビングの「TV棚」と子ども室の「勉強机」で
巨大な1つの家具にしてしまう計画なのですが、
なかなか上品にまとまりません・・・
(そもそも、上品にするべきかも決まっていません)

そして、最大の問題点が配線スペースです。
壁の厚さがありませんので、配線計画が難しいのです。
それなのに、
電源・アンテナ・電話・パソコンなどの差込が集中し、
それらをつなぐケーブルを目立たせない工夫も必要になります。

そんなこと出来るのか?

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ





posted by TOY-order at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

「土間のある家」の居間を検討しています。
まだイメージがぼんやりしていますが、
左端の『柱』を描き込んだら、なんとなく落ち着きました。

dom4229.jpg
(先日描いたスケッチの反対側です)

この絵の左側は『和室』となります。
「掘り炬燵」を計画していますが、
熱源は床下暖房のパネルとなりますので電源は不要です。
コタツ布団もいらないかもしれません♪

食堂のテーブルをデザインしてみたいのですが、
ちょっと疲れてきました・・・

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

土間

「土間のある家」のスケッチです。

dom4231.jpg


この部屋は『いわき』の冬の日射を蓄えて、
日が沈んでも急激に寒くならない装置になります。
段差部分にはスリットが設けられ、
床下暖房の吹き出し口となります。

東側には、
ハンドルで開閉角度を調整できる「オーニング窓」を配置し、
夏場の夜間換気に使う予定です。
上部の「ハメ殺し窓(←ドギツイ建築用語)」には
小さな棚を設けてみたいのですが、
お隣さんからの視線もありますので、
壁になってしまうかもしれません。

外のフェンスで視線をコントロールするのも有りかな?
暖房用のオイルタンク置き場も悩みの種です。
こんな調子ですので、
実施設計業務は、まだまだ終わらりそうもありません・・・

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


posted by TOY-order at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

手摺

「土間のある家」の実施設計図面を作成中です。
構造と仕上げが固まってきましたので、
展開図を描いていますが、例によって遅筆です・・・

1歩進んでは悩み、
ノートの隅にラフスケッチを描いてニヤついています。

dom4227.jpg

トイレ裏面の収納を少し狭くして、
トイレットペーパーを置く収納を検討中です。
下側の収納を引き戸にして、鴨居部分を手摺に使えないかな〜
なんて考えています。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ



posted by TOY-order at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

土間の機能

いわきの日照時間を有効に活用するために土間は有効ですよ!

もちろん「乱暴に使える屋内」の持つ可能性にも魅力はありますが、
そこは、皆さんがイメージしてください。続きを読む?
posted by TOY-order at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

断面検討中!

具体的な設計が始まりました。
今日は断面詳細図を検討しましたが、
どうしたいかが、決まらないと前に進みません。
(設計の仕事を始めたころ、先輩にしつこく教え込まれました)

先日のスケッチを加筆し、
建物全体のイメージが固まってきました。

suke4202.jpg

日曜日に設計打ち合わせがあります。
スタディー模型をプレゼントしようと考えています。
喜んでいただけるといいな・・・

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ

posted by TOY-order at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

Giant Furniture

昨日は「土間のある家」の調査とスケッチをしました。

新人スタッフの「Iさん」を連れて
市役所に行き、用途地域・道路・排水などを確認し、
「次からは一人で調べてね♪」
と脅かしたりしながら、
帰り足で敷地を確認しました。
続きを読む?
posted by TOY-order at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

模型作成

いわきの気候に合わせた『土間のある家』シリーズ第2弾です。
ただ今設計中で、
順調に進めば年内に完成の予定です。

doma001.jpg

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。