2008年11月04日

太っ腹じゃないですか〜♪

「小名浜の家」は工事完了の届けをNEDO様に郵送したのですが、
早速書類の不備について電話がありました。

もちろん緊張しまくりです。

1つは写真の枚数について。
改修工事ですので改修した窓は全ヶ所添付するところ、
新築の場合のページを読んで資料を作成したため枚数不足(赤面)
幸い全ヶ所撮影してありましたので、問題なく対応可能!

もう一つ、
予算の都合で申請時にあったトップライト(天窓)を中止したので
正直に補助金額を減額して書類を作成したのですが、
なんと、申請時の金額を満額支給するするとのこと!
太っ腹じゃないですか〜〜♪もっと増やして申請すればよk(←コラ!)

でもね、
今回は補助金額を応募者多数という理由で
NEDO様から一方的に支給額を減額されていましたので、
このくらいのことはしていただかないとね(←コラ!)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
そんなこんなでNEDO様編クリアの予感♪
次は建築センター様「性能評価編」休む間もなく開始!
posted by TOY-order at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

手続き完了

「小名浜の家」は天候にも恵まれ
10月末で工事が完了し、NEDO様に書類を提出できました。

しかし、
何故に改修の現場は〆切りが10月末なのでしょう?
新築は来年まで有効なのに・・・

今回のように大規模な改修の場合、
ほぼ新築と同じ工期が必要になりますし、
住みながらの改修の場合、新築以上の工期が必要になります。
それなのに、酷い条件です。

建物の性能を確保することを条件にしているのですから、
ていねいな仕事ができるような条件整備があってしかるべきでしょ?

兎に角、間に合って良かった♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
来年の改修のお客様と現在打ち合せ中ですので、
これ以上のNEDO様への悪口は控えます(笑)
posted by TOY-order at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

進化系スリーブ処理術

「小名浜の家」は間もなく足場解体です。
NEDOの完了届け締め切りにギリギリでした(汗)

書類や写真を整理していて発見しました。
(忙しくて更新するの忘れてたよ)

さて問題です。
ona7113.jpg
この写真見て気がつきました?

以前は
ona51.jpg
こんな納まりでした。

そう、設備スリーブ廻りの気密処理です。
スリーブ部分を事前に加工することで施工性と性能を向上しました。

ona7112.jpg

たったこれだけの準備なんですけど、
なかなか気がつきませんよね。
電気屋さんの提案です。現場は勉強になります。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ヤマダのポイントが貯まったのと、
雑用を幾つかこなして臨時収入が期待できたので
デジカメを買ってしまった・・・入金はまだなのに・・・
posted by TOY-order at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

新築そっくりちゃん♪

「小名浜の家」の外壁工事が間もなく終了です。

ちょっと嬉しくて「Before & After」しちゃいます。

改修前
ona0020.jpg

改修後(改修中?)
ona7098.jpg

軒先がちょっと重たいけど、
予算の都合で残せるものはなんでも残しているので我慢我慢!
内装の仕様も外装同様かなりケチケチモードなのですが、
お客様は大喜びです。

設備機器が付いたら工事も最終段階です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
一部使いながらの工事ですので、
内部の写真でお見せできるものが少なくて・・・

追記2:
外壁の歪みが酷かったです。
昔はあれでもよかったのね・・・尻拭いしてる気分ですよ!


posted by TOY-order at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

外壁いい調子

「小名浜の家」の改修工事は、外壁を張始めました。

ona7079.jpg

屋根も窓も新しくなりましたし、
雨漏りが酷かった東側のベランダを撤去し、
店舗を営んでいたときの看板部分が切妻屋根に変更されていますので
昔の建物を知っている人が見てもまるで新築の建物です。

ona7085.jpg

設備機器が設置されれば完成です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
NEDOの補助金の関係でかなりタイトな工程でしたが
10月末には間に合いそうです(アブナイアブナイ)
posted by TOY-order at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

外壁下地

「小名浜の家」は順調に工事が進んでいます。
外壁の下地が始まりました。

ona7009.jpg

既存外壁にサイディングを打ち付けるかなり乱暴な作戦でしたが、
既存建物の構造が想定外の納まりだったため、
全ての外壁を撤去することになってしまいました。
屋根、外壁、サッシ全て新品です。

外観はほぼ新築となる予定です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
既存の軒天を再利用していますので、
軒先がちょっと不格好です。
えぇ、言い訳です〜♪
posted by TOY-order at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

粗探しですか?

「小名浜の家」はどんどん完成に向かっています。
建物内での引っ越しを終え、壁が取り払われました。

ona7000.jpg

設計では既存の外壁の上からサイディングを貼る計画だったのですが、
間柱が貫で受けてあるため足下がぶらぶらな状態でして、
断熱材を充填するために貫を外すと外壁が落ちてしまいます。

結局、
外壁は全て撤去し、まるで新築工事のような状況になっています。

それでも改修工事ですので、
現場に合わせて納めていく部分が続々登場します。
2階の外壁線が1階と揃っていない部分で
断熱材を連続させるためには、天井に断熱材を敷き詰めます。
新築なら、断熱層をキレイに連続させる方法を悩んだりしませんが、
小さな天井ですので変な隙間での作業がほとんどでして、
どうやっても雑に見えてしまう部分です。

今回工事して下さっている大工さんは慣れた方ですので
かなりキレイに仕上げて下さっています。

ona7002.jpg

それでも、ボクが現場に行くと緊張するとのこと
ちょっと離れてチラ見しているのが分かります(笑)
帰り際に丁寧な仕事についてお礼を言うと、
かなりホッとしていました。とってもいい人なんです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
来週から外壁工事です。
posted by TOY-order at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

住みながらの改修ですので

「小名浜の家」は一部の部屋を使いながら改修工事をしていますので、
一部分だけ先行して仕上げて、内部で小さな引っ越しをし、
残りの部分を改修するという手間の掛かる工法で現場が進んでいます。

先行して進めていた部分の工事がほぼ完了です。

ona6989.jpg

ドアも付きました。

ona6990.jpg

性能面にかなり予算を取られてしまい、
内装は既製品を多用しています。
普段あれほど蔑んでいるト○テムのカタログ設計です・・・

「この3色の中から選んで下さい」とか言って決まっていきますので
ちょっと、物足りないです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
お客様に合わせて、限られた予算の中で設計しています。
自分の作品を作っているわけではありません。
それぞれの条件で何ができるかを考えるのがボクの仕事だと思います。
posted by TOY-order at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

悩みどころ・・・

「小名浜の家」の工事は順調に進んでいます。

新築工事でしたら悩まない所も、
改修工事の場合イチイチ躓きます。

最近の悩み@
「土台と基礎との間の気密性能はどうしよう・・・」
コンクリートに両面テープで防湿シートを止めても、
ブチルテープとコンクリートは相性が最悪なんですよね〜
取り敢えずその上から板でも打ち付けていただくべきか・・・(悩)
ona6963.jpg

そのA
「筋違い部分の断熱工事はどうしても雑に見える・・・」
自称断熱番長ですので、この辺の納まりにはかなり神経質でして、
大工さんも相当気を遣って下さっているのがよく分かります。
更に丁寧な仕事を求めるのはあまりにも酷です。
それでも・・・気になってしまう・・・(軽く病気ですね)

そのB
「外壁通気層が・・・」
既存の外壁を残す部分は通気層なんて無理です。
断熱材が入っていなかった訳だから、快適性は格段に向上するし、
いわきの気候なら壁内結露はほとんど発生しない(ハズ・・・)

そんなことを、一人で悶々と悩みつつも、
現場にはタイミング良く指示を出さなければなりません。
瞬発力が試されます(←この緊張感が改修工事の楽しみです♪)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
鉄骨梁の一部が加工されていました。
階段の位置も変更しましたので、色々と納まりが大変です。
何ヶ所か補強の梁も入っています。

ona6967.jpg

既存の建物は店舗付住宅でしたので階段の位置に問題がありました。
当時は仕事場を最優先で計画したのでしょうね。
posted by TOY-order at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

断熱材搬入〜っ!

「小名浜の家」に断熱材が搬入されました。

ona6958.jpg

もちろんまだ半分です。

そして、断熱工事の前に窓の取り付けを行います。

ona6957.jpg

これが窓!
コストと性能を熟慮し、断熱アルミサッシとなりました。
もちろん内側樹脂製で、ガラスにはLow-eタイプを採用しています。

構造を補強し、断熱性能を確保すると
表面だけリフォームする業者さんとは比較にならないほど
コストがかかります。
この改修の良さは、大地震や大寒波が来たときにまで分かりません!
そんな未曾有の大惨事を設計屋が望むわけにも行かず・・・

怪しいリフォーム会社と何が違うのかを
あれこれ理由を付けて説明するのですが、
上手く伝わっているのか、自信がありません・・・

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
お客様と、照明器具とスイッチの位置の確認をしました。
ボクは部屋の大きさが分かる状態で最終確認することにしています。
図面だけでは距離感が掴めないため
二歩ほどの距離にあるスイッチが
もの凄く遠くだと想像してしまう方もいらっしゃいます。
実物で納得していただくのが最も安心です。

posted by TOY-order at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

屋根ができた。

「小名浜の家」は古い店舗付住宅の断熱改修工事です。

東側にあったベランダは排水の処理が十分でなく
1階の店舗部分が雨漏りに悩まされ続けていたそうです。
強引にベランダを設置した理由は、
店舗の正面を四角くデザインしたかった為だと思われますが、
今回は店舗を無くしてしまいますので、
正面には屋根を設けて「店」から「家」へと
デザインを修正しました(←単純です)

ona6956.jpg

鉄骨の梁で組まれていた店舗部分には
新しく間仕切り壁が追加されましたので、
構造的にも安全性が増します。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
せっかくお金を掛けてリフォームするなら、
快適性と安全性についても検討することをお勧めします。
posted by TOY-order at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

断熱工事の準備中

「小名浜の家」は断熱工事の準備中です。

断熱材をきちんと機能させるためには幾つかのポイントがあります。
壁の中に気流ができないよう、
柱の太さと同じ厚さの断熱材を丁寧に充填することは必須項目ですが、
忘れてはいけない項目が、
断熱材内部での結露対策と、隙間風対策です。

これは、
防湿シートを断熱工事の後に隙間無く貼り巡らせればいいのですが、
後から隙間無く施工するのが困難な部分が幾つかありますので、
それらの部分を予測し、事前にシートを貼っておく工事を行います。
「先貼りシート」と呼ばれる物です。

ona6954.jpg
(↑ビニールがヒラヒラしてるの分かります?)

改修工事ですので、納まりが悪い部分も発生します。
何棟か断熱工事の経験のある職人さんですと、
納まりを一緒に考えていただけるのですが、
初めて付き合う大工さんの場合はそうも行かず
現場で部分毎に納まりのスケッチを描くこともシバシバ!
気になって何度も現場に足を運んだりと、大忙しです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ユニットバスが再利用なんですよ・・・
壁の気密性能をどうやって確保すればいいのかしら・・・
posted by TOY-order at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

基礎断熱

「小名浜の家」は屋根工事と同時進行で基礎断熱工事が行われています。
新築工事の場合でしたら基礎の外側に断熱材を設けるのですが、
今回は改修ですので、基礎の内側に断熱材を配置します。

ona6940.jpg

断熱材の種類がB類V種であることを確認し

ona6944.jpg

施工状況の確認です。
慣れた業者さんですので指摘事項無し!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
古い建物ですのでコンクリートの立ち上がりが低いですね。
今から30年前に建った家ですが、
経済性を優先させる手法はこの時既に始まっていたようです。
この価値観を刷り込まれた業界に「長寿命」を気づかせることは
容易ではないでしょう。
そんな理想論を語っていたら、価格競争で仕事が逃げちゃいますもの。
posted by TOY-order at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

補強梁

「小名浜の家」は当初の間取りを大胆に変更していますので
補強が数ヶ所発生します。

ona6927.jpg

ona6931.jpg

ホゾ差しができませんので、金物での納まりがメインとなります。
これを合板で押さえれば改修前より丈夫になります。
せっかく直すのですから
今の法律に合わせた断熱性能と耐震性能を確保したいですからね。
(柱の引き抜き対策はちょっと難しい・・・)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
瓦が外されて、屋根下地工事が始まりました。
ona6928.jpg

青空が気持ちいい季節ですね。
posted by TOY-order at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

コンクリート工事

「小名浜の家」の現場に行ってきました。
道路側の花壇が土台より上まで土が盛ってあり、
シロアリの食害を受けていました(当然ですね)

土台と柱を入れ替えます。

筋交いがかなり少ないこと以外は想定の範囲内でした。
以前店舗だった部分の半分が駐車場になりますので、
新たに基礎を設けます。
同時に床下にコンクリートを敷き詰めて建物の湿気対策とします。

ona6918.jpg

コンクリートを打つと丈夫な基礎ができたように見えますが、
残念ながら錯覚です。

コンクリートの下には、防湿シートが敷いてあり
その下には砕石が転圧されていますが、
構造体ではありませんので、建物の耐震性には効果がありません。

シロアリの進入はかなり防げるでしょうが、
これだけでは十分な対策だとは言えません。
コンクリートが一体でありませんから小さな隙間は沢山あります。

床下地が凸凹しませんが、
断熱性能がいい建物は木材の乾燥が早く、床下地が狂いやすいです。
後で調整できる塩ビ製の束を使用します。

ね、たいした仕事してないでしょ?

基礎断熱としますので、
そのためにコンクリートを打つと考えています。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
基礎断熱で床下換気口を設けない設計をし始めた頃、
床下に生態系が無い家は長持ちしないんだ!
などと叱られたことがあります。

シロアリは困りますが、
色々な生き物と共生できる家にも少し魅力を感じていたり・・・
posted by TOY-order at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

スッポンポンです

「小名浜の家」の改修工事は、解体作業まで終了しました。

2階床の構造が想定していたのとかなり違っていたので
現場に合わせて描き直し、それを基に補強方法を検討しました。

ona6895.jpg
現在、壁が無くなりフラフラの状態ですので、
仮筋違いで補強してあります。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
土間を削(はつ)っていたら、
とんでもないところから水道管が現れたり、
何かと想定外のトラブルが発生するのも改修工事ならではのこと、
状況を確認して次々解決していかなければなりません。
瞬発力が試されます!
今回は設備工事屋さんの動きの良さに感謝感謝!
posted by TOY-order at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

解体作業進行中!

「小名浜の家」の解体作業は順調に進行しています。
今回はかなり大胆な間取りの変更を計画していますので、
柱を撤去した部分には補強工事を行う必要があります。

ona6889.jpg

ona0066.jpg

おまけに、
想定していたよりも筋交いが少ない!
改修前より華奢な建物になっては大問題ですので、
現在の基準法に合うよう構造湯合板で補強します。
柱の引き抜き対策は・・・ゴメン・・・

そして更に、
通し貫工法で、間柱が浮いている・・・
断熱材が入らないので貫を外したいのですが、
間柱を押さえながら外さないと、外壁が落ちてしまいます。

予算が決まっているのに、どんどん手間が増えていきます。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ボクが想定で描いた図面が、
実際の現場と全く違っていました・・・
監督さんから「書き直して下さい」と言われました。
大工さんに補強方法を伝えるためには
正確な図面の方が間違いが減りますので
素直に訂正することにします(涙)

神様、
ボクに透視能力を授けて下さい!
絶対にいやらしいことに使いませんから、いや本当にっ!




posted by TOY-order at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

解体開始

「小名浜の家改修工事」が始まりました。
電気屋さん、水道屋さんがライフラインを切断し、
解体屋さんがバキバキ壊し始めました。

店舗だった部分は5.4mスパンですので、
かなり大きな梁が入っているだろうと予想はしていましたが、
1.8m毎に鉄骨の梁が入っているじゃありませんか〜〜!

ona6868.jpg

取ってしまう予定だった柱ですが、
これを外したら建物が倒れそうですので、そっとしておきます。
改修工事は何が出てくるか分かりませんから、
現場で設計の軌道修正を次々していきます。
職人さんを待たせるわけにいきませんので、
たいていの場合はその場で次の指示を出します。
この瞬発力を試される瞬間は癖になりますね(本当はビビリまくり)

そうそう、
断熱材がどこにも入っていないぞ!
さぞ寒かったでしょう。温かく直してあげるからね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
店舗だった部分の半分が駐車場になる予定です。
鉄は熱伝導率が高いので、しっかり断熱材で包まなければなりません。
ここの納まりも悩みどころです。
天井を予定より少し下げることにしようかな・・・・ブツブツ・・・
posted by TOY-order at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

仕上げ材の検討

「小名浜の家」の色決めをしてきました。
お客様は単体でサンプルを見せると悩み始めます。
ひたすら、ただひたすら悩みます。

そこでちょっと手を差し出します。
「屋根と窓がこの色ですので、外壁はこれが良いと思いますよ♪」
あくまでも私の個人的な好みなのですが、
全体の色合いを説明し、選択肢を減らします。
たいていのお客様は「その一言を待っていたのよぉ〜」という顔をします。

家づくりは信頼関係ですね。
客様との信頼関係が保てていると建物の仕上がりは良くなります。
お客様は自分のお金で一生に一度の大仕事をしていることを忘れないように気をつけていますので、
色決めなどは出来るだけお客様の好みを尊重するようにしています。
ですので聞かれればアドバイスをする程度の自己主張の少ない設計屋です(笑)
私の作品を作るようなスタンスでは受け入れていただけませんからね。

それでも、
「床がこれですと壁はこのぐらいの方が落ち着きますよ」
とか言って、私の好みの内装にさりげなく仕向けていたり(笑)
んまぁ〜
それがすんなり通るような関係ですと変にチグハグなデザインにはなりませんので、
最終的にはきれいに仕上がるというわけです。
少々自己主張が少ない建物になりますが、
生活の器は普段着ぐらいがちょうど良いと考えていますので背伸びしません。

そんなやり取りを繰り返す中で、
「お任せします」とか言われると嬉しいですね。緊張しますがっ!
(認めていただくまでが大変なんですよ)

「小名浜の家」はお盆が明けたら本格的に作業開始となります。
現在準備段階です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
昨日は、
「超長期住宅」の雑誌原稿チェックと修正
「常陸の家」の申請で市役所にて事前相談
「福祉施設の付属棟(洗濯小屋)」の背筋検査
「湯本の家」の契約などを精力的にこなしクタクタです。

今朝久しぶりに「偏頭痛」が出て、目の前がチカチカしてます・・・
「小名浜の家」のお客様に頭痛薬いただきました。
心配掛けました。



posted by TOY-order at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

契約完了です。

「小名浜の家」の工事契約が無事に結ばれました。
設計者である私は立ち会い人となります。
工事中は、
お客様に代わりプロの目線で工事の様子を監理し、
少しでもいい家となるよう重箱の隅を突くような指示を出したり
予算によっては合理的な納まりを指示したりと
足繁く現場に通い続けます。(これが監理業務です)
それから、
材料や色の相談についてお客様の相談にも乗りますよ。
それらの様子は随時こちらで更新していきます。お楽しみに!

その前に、NEDOへの着工届け、いわき市への届けなど
補助申請の書類作成をしなければなりませんので、
ちょっと焦っています。

そうそう、
昨日いわき市役所で仕入れてきた情報です。

昭和57年以前の住宅は耐震性に問題がある場合があります。
いわき市では耐震診断が格安で行える制度の申込みが始まります。
詳しくはいわき市建築指導課に相談してみて下さい。

募集期間:平成20年8月1日〜9月30日
募集戸数:30戸(申し込み多数の場合は抽選)
自己負担額:6千円〜7千円(床面積による)
申込場所:いわき市役所建築指導課(22−7516)

悪質なリフォーム業者がたくさんあるそうです。
耐震診断は安心できる技術者にお願いするべきですね。
ただし、残念ながら診断後の耐震改修の費用は実費となります。
こちらについても何らかの補助があるといいのですが、
これじゃ予算のない人は危険と判定されても直せないよね?

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
また地震がありました。
今回は深夜です。
地震はいつ来るか分りません、寝室の家具は大丈夫ですか?
タンスの転倒防止などもう一度確認しておきましょう。

追記2:
どあら
posted by TOY-order at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。