2009年11月20日

切れた!縮まない!

「湯本の家」のお客様からメールがありました。
ハニカムスクリーンを操作するヒモが切れてしまったとのこと。
幸い竣工後1年以内でしたのでメーカーの保証期間内でしたので、
無償で直していただけますが、焦りましたね。

内装業者に取り付けていただくと工事費がかかるからと、
ボクが採寸し、注文取り付けまでしたので、
当然クレーム処理もボクの仕事です。
その辺の事情をちゃんと理解して下さっているお客様ですので
大きな問題にはなりませんでしたが、
「湯本の家」以降のお客様には
操作方法が違うタイプを勧めていましたのでなんとも心苦しい・・・

yum0834.jpg

頑張ってメーカーに状況を説明し、
操作方法が違うタイプに変更してもらう交渉もしました。
その日のうちに、
ハニカムブラインドを外し、梱包し工場に郵送しましたが、
戻ってくるまで1週間程度かかります。
その間不自由をおかけします。ゴメンナサイ。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
設計者が工事に首を突っ込むといろいろ怖いことが待っていますね。
勉強になります。ハニカムスクリーンはループコードがいいですよ!
こんな仕事もありますが、
物づくりに関わるのは楽しいので止める気はありません(汗)
posted by TOY-order at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

無冷房

「湯本の家」に資産税の説明に行って来ました。
外物置は基礎がありませんので課税対象にはなりません。
(付け焼き刃ですので詳細な説明はできませんよ)

ついでに住み心地をヒアリングしてきました。
家ができて初めての夏ですので、本当に冷房無しで過ごせるのか、
お客様も半信半疑です。

まず、
この家の周辺環境が持つ能力を確認しましょう。
北側の隣地より2.5m程高い敷地で、
その向こうには川が流れています。
そのため北側の窓を開けておくと常に風が入ってきます。
これを使わないわけにはいきません。

断熱性能が優れた建物の場合、
冷房負荷は外の気温(暑さ)はそれほど問題になりません。
人、調理、家電製品などの内部発熱や日射取得熱が厄介者になります。
暖房シーズンは負荷軽減になると重宝がられていたのに、
数ヶ月後には手のひらを返したように嫌われ者です。
日射は夏の太陽高度を知っていれば庇の寸法で解決できます。
西日が入らない窓の配置なども重要なポイントです。

厚い断熱材で包まれているおかげで、
室内に籠もった熱はなかなか逃げていきませんから、
窓を開けてそとに追い出す方法が最も効果的です。
特に夜間の通風は重要になります。
外の涼しい空気を上手に取り入れることで、
日中温められた熱気が排出されるのです。

ロフト南側高窓と1階北側の窓を開放しておくと、
朝までにすっかり室温は下がっています。
これは古い農家の越し屋根の技術の応用ですが、
断熱性能がプラスされてありますので、
翌日の午前中までは涼しさを逃がしません。

もちろん偶然風向きが良かったわけではなく、
設計時に敷地に吹く風を確認し
夜間安全に開放しておける窓を設計しましたので、
きちんと機能する自信はありましたが、
小心者ですのでお客様の感想を聞くまでは心配です。

夏涼しいと言われる「いわき」ですが、
数日前に真夏のような日が続きました。
そんな日でも家の中に入るとひんやりしていたと言われ
ホッとしています。

でも本当は、
梅雨明け頃までは基礎のコンクリート等がまだ冷たいままですので、
涼しくて当然なんです。
9月頃に同じような感想を聞けるまでは安心できないのでした(汗)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
冷房が無い時代に建てられていた家のデザインには
夏を快適に過すための小さな技術がたくさん隠れています。
小さな技術ですので単体ではほとんど効果はなく、
幾つかの技術が集まってようやくチョットだけ機能するノウハウです。
文明の利器で力任せに冷やしてしまう方が魅力的に思えてきますが、
おかげで面倒な前代の技術の多くは忘れられようとしています。
古い家づくりのノウハウを応用したていねいな設計により、
ほとんどエネルギーを使わないでも夏に涼しい暮らしは可能です。
そんな事を考えていると、
最近の家づくりの常識は本当に昔の家づくりより進化しているのか、
疑って見たくなりますね。

banar.jpg


posted by TOY-order at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

「湯本の家」に行ってきました。
床などのお手入れに使うクリーナーの訪問販売です。
リボス自然健康塗料「グラノス

ネット通販でもかなり安く買えますが、
リボスの営業マンが年に数回「いわき」に来るタイミングでの
配達をお願いしましたので、送料は無料です。
おまけにお客様に直接販売して頂きましたので、
私の中間マージンも無し(笑)

メーカーの方に使い方を直接聞けますので
お客様も大満足の様子です。

通販サイトの商品説明を転載しますね。
そのまま使えばワックス効果大!
合板フローリング等のウレタン塗装にも使用できる、天然ワックスです。
バケツにグラノスをスプーン1杯入れて掃除すれば、ワックスがけも同時に出来ます。
グラノスを塗った床は静電気防止効果の働きで、ホコリが着きにくくなり、室内環境をクリーンにする手助けをします。
グラノスは経済的で健康な、安心してお使いできるワックス!


さて、
なんだかんだと理由を付けてお客様の家を尋ね歩くのは
住んでみての感想を聞くのが本当の目的です(←腹黒)
暖房はいつまで使いましたか?
風通しはどう?
最近の日差しは暑くないですか?
以前の家と比べて光熱費は増えましたか?
雑談に交えてあれこれ教えて頂きましたが、おおむね好評♪

そして最も嬉しかったのがこれ
yum8781.jpg
和室の前に庭ができていました。

yum8783.jpg
和室に座って庭を眺めるとこんな感じです。
お隣の窓を上手に遮ってプライバシーを確保しています。
「雑草がすぐ伸びてきて、手入れが大変なの」
おばあさんが嬉しそうに愚痴を言います。
家に関わって過すことで、建物はどんどん良くなります。
そして建物の寿命にも良い影響があると思います。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
駐車場の西側にも小さな植え込みができていましたが、
こちらはこれからゆっくり育てる庭だそうです。
yum8784.jpg
小さな子ども達と一緒につくっている花壇の縁は
砂を詰めたペットボトルです。
まだ始まったばかりですが、皆さん楽しそう。


業務連絡:
「常陸の家」のHPはリンクページを充実させました。
こちらです。

posted by TOY-order at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

完成を急がないという贅沢さ

「湯本の家」の庭をこっそり見に行ってきました。
あはは・・・まるでストーカーです。

yum8466.jpg
庭造りが始まっていました。
家を大切に思う気持ちが伝わります。嬉しいですね。

建物にエネルギーを使いすぎると、
そこでの暮らしや住宅ローンの返済に追い立てられ
なかなか庭造りにまで気が回りにくいのですが、
「湯本の家」のお客様は頑張っています。

いきなり完成を目指さない姿勢も好きです。
長く世話をし続ける決意表明なんです。
例えば、
予算内で出来るギリギリの外構工事だと植栽もチープになりがちです。
例えば最初は8割程度で我慢しておき、
残りの予算2割に5年計画で積み立て貯金をすると
色々と楽しめると思いませんか?
5年間で小さな苗木も大きくなるはずですし、
徐々に買い足した庭木も増えているはずです。
家も庭も最初に完成を求めすぎないという
時間軸上の「贅沢な価値観」があると思います。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「家を買う」と言う人がいます。
コンビニで弁当を買うのと同じような意識です。
これは商品と代価の交換作業ですので、そこには時間が関係しません。
ところが、
家づくりにはすぐには完成しませんし、工業製品ではありませんので、
どうしても時間が関わってしまいます。
ここを上手に埋められないと商取引としての不成立感から
様々なクレームの温床を作っていくのではないでしょうか?
家はつくるモノです。
時間をかけてつくるべきモノで、
なかなか完成しない家のほうが住んで楽しい家だと私は考えます。


posted by TOY-order at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

「省エネ基準達成率」を計算してみた

CASBEEを計算した延長です。
「湯本の家」の省エネ達成率を
基準達成率の計算書作成用WEBプログラム」で計算してみました。

リンク先は建物のエネルギー消費量について
「断熱」「暖房」「冷房」「換気」「給湯」「照明」「太陽光」の
仕様を選ぶことで計算してくれる便利なサイトです。

省エネ基準達成率1.jpg
↑拡大できます
「湯本の家」の達成率は標準仕様を100%とすると104%です。
(何もしない家よりちょっとだけ省エネという意味ね♪)
断熱性能だけではこんな程度なんですね。
次世代省エネ基準W地域での暖房エネルギー消費量は全室暖房でも
光熱費全体の3割程度ですので、そんなもんです(涙)

省エネ基準達成率2.jpg
各室の照明に調光スイッチを設け、
お風呂と台所のシャワーを節水型にし、
手元にスイッチのあるタイプを採用するだけで119%になります。
照明と給湯のエネルギーはそれだけ多いということ。
省エネのツボです。

省エネ基準達成率3.jpg
さらにさらに、
太陽熱温水器と熱交換型換気扇を設置すると132%になります。
断熱性能を大幅に強化するより省エネの効率はいいようです。

例えば、
付加断熱と木製サッシの仕様により「Q値1.9」とした場合
省エネ基準達成率5.jpg
省エネ達成率は114%です。
建設費の増加は調光スイッチや、節水型シャワーの比ではありません、
寒冷地以外で家づくりをするのでしたら
費用対効果を考えると断熱強化は後回しとするべきでしょう。

ちなみに「Q値1.9」に
調光スイッチ、節水型シャワー、太陽熱温水器、熱交換換気扇まで
採用すると省エネ達成率は157%となります。
このソフトでは、
標準的な家での総エネルギー消費量を93.6GJとしています。
上の仕様ですと60GJまで減ります。おもしろい!
(GJ:ギガジュールと読みます)

最後に、太陽光発電パネルを設置してみましょう。
消費エネルギー量は49.5GJで、達成率は190%となります。
約半分のエネルギーで生活することが可能ということです。
ここまでできるといかにも省エネ住宅ですが、
かなりの工事費となるでしょうね。
これって光熱費の先払いといえます。
初期投資の回収が困難な仕様では
地球には優しくても財布には厳しい家ですので、
省エネ技術の価格が落ち着くまでは程々の仕様が良いのではないかな?

予算の都合もありますが、
これから建てる家では達成率120%を目標にすることにしましょう。
社内規定のバージョンアップです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
あっあぁ〜
以前に建てた家にお住まいのお客様!
調光スイッチと節水型シャワーへの改修はそれほど難しくありません。
興味がありましたらご一報下さいませ♪
断熱仕様の強化はちょっとやそっとではできませんので
先にやっておいて損な話では無かったという事も書き加えておきます。

業務連絡:
4月12日(日)に、
郡山市ビックパレットでしゃべりの仕事をします。
詳しくはこちら→ 4.12福島.pdf


posted by TOY-order at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

「CASBEE」やってみた

「CASBEE戸建て評価員」の受験生ですので、
まずは入門書を読み、
最近の1件の評価を実際にやってみることにしました。
白羽の矢が当ったのが「湯本の家」です。

湯本の家a.jpg
↑クリックで拡大します。

断熱性能や省エネ面での取り組みは成績につながっていますが、
地元材を積極的に使うことや、植栽計画が足りません。
おかげで成績は「☆×4」です。

湯本の家b.jpg
↑こちらも拡大するよ!

生ゴミ処理を庭で行い、植木を増やし、地元の木を使うと
成績は最高の「☆×5」になります。
レーダーチャートのバランスも良くなります。
何より、
これらの変更は断熱性能確保や全館暖房設備などと比べて
極めて安価に済ますことが可能です。

自分で設計した建物の環境性能を評価するのって楽しいですよ!
ついつい「☆×5」を目指してしまいます。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
試験は7月ですので、まだまだ楽しんでいて問題なし!

業務連絡:
4月12日(日)に、
郡山市ビックパレットでしゃべりの仕事をします。
詳しくはこちら→ 4.12福島.pdf
posted by TOY-order at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

緑化率

CASBEEの試験勉強をしていると
今まで漠然とお客様にお勧めしていたことが
環境負荷軽減の点で評価されることだったと分かり嬉しくなります。

「湯本の家」では遅れていた外構工事がようやく始まりました。
yum8026.jpg
駐車スペースを確保したいお客様に
小さくて良いからとお願いして設置した植栽スペースです。

ブロックの色をあれこれ悩んでいた奥様に
自信満々で「これっ!」と指を指した黒い煉瓦ですが、
建物と雰囲気が合っていてホッとしています。
悩んでいるお客様の背中を押してあげるのも仕事ですが、
ちょっと不安もあります。
それでも自信満々で言わないといけなかったり・・・(汗)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわき市では「記念植樹」の補助があるそうです。
お客様から教えていただきました。
小さな花壇には「ハナミズキ」を新築の記念に植樹する予定です。

業務連絡:
4月12日(日)に、
郡山市ビックパレットでしゃべりの仕事をします。
詳しくはこちら→ 4.12福島.pdf
そろそろ資料をまとめないと・・・ピンチの予感?
posted by TOY-order at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

ハニカムサーモスクリーンが付いた!

「湯本の家」に断熱ブラインドが付きました。
商品だけ購入して取付けは家族が行う計画でしたが、
急遽、私もお手伝いしてきました♪

慣れないドライバー仕事です。
中学生の息子さんに見つめられて変な緊張感・・・

yum7883.jpg
それでも無事に取付け完了!

yum7882.jpg
ちょっとだけ上げてみました。
お婆ちゃんに使い方を説明して、業務完了!

yum7885.jpg
断熱ブラインドは取付け簡単です。家族での取付けをお勧めします。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
このブラインドは断熱性能があるのに光を通します。
暗くなってからの外観もキレイなんですよ。

yum7886.jpg


posted by TOY-order at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

更に省エネを目指します!

「湯本の家」のお客様から電話です。
引き渡し直後ですので緊張して受話器を取ると、
ハニカムサーモスクリーンを付けたい」とのこと(なぁ〜んだ)

そんなわけで、早速窓の寸法を測りに行って来ました。
内装屋さんに電話すれば簡単なのですが、
彼らに依頼すると取付け費が上乗せされます。
何度か取り付けたことがありますが、
かなり簡単で素人でもキレイに設置可能ですので、
物だけ取り寄せることになり、私が注文します。
採寸は緊張しますね。

納期を確認したところ「10日」との回答・・・
引っ越し後に必要になる物はたくさんあります。
オーダー品は納期が必要になる場合が多いですので
余裕を持って準備しましょう。
数日間カーテン無しの暮らしとなりそうな予感です・・・

さて、
ハニカムサーモスクリーン設置後のエネルギー消費量ですが、
南側の大きな窓にのみ設置する場合、
Q値2.32は、2.16となり、
年間暖房灯油消費量は553gが、452gと
100g以上の省エネが期待できます。
オーダーのカーテンを設置するのとほぼ同じ価格ですので
費用対効果はかなり良いのではないでしょうか。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
yum7801.jpg
工事の終わり頃に急遽必要になった照明です。
壁に開いた穴を隠すため集成材の板を張り、
リネストラランプを設置しました。
違和感無し!
ランプの価格がちょっと高いのと、寿命が短いことも説明しました。





posted by TOY-order at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

ありがとうございました。

「湯本の家」の完成内覧会が無事終了いたしました。

2日間で約40組100名の方に
床下温水暖房を体感していただくことができ嬉しく思っています。
前日まで曇りや雨の日が続いていたのに
この2日間は終日「晴天」でして、
暖房を体感していただくには悪条件だったのですが、
多くのお客様からお褒めの言葉をいただくことができました。

他県からのお客様も多数いらっしゃいまして、
「仙台」や「つくば」での仕事のオファーまでいただいたのですが、
ちょっと遠いです・・・でも・・・状況によっては・・・(←欲張り)

現場の掃除も無事終了しました。
この現場に自由に出入りできるのも今日までです。
毎回書いていますが「娘を嫁に出すような喪失感」を味わっています。
この瞬間が一番苦手です(号泣)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
仕上げていない図面山積・・・
さぁ、次の仕事を始めよう!
posted by TOY-order at 02:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

ハシゴ

「湯本の家」は外構工事を残すばかりです。
特に工事はしていないのですが、
内覧会の案内をしないといけないので、
ロフトに上がるハシゴの画像を載せておきます。

yum7742.jpg

そもそもロフトは子ども専用スペースです。
このハシゴでは大人は登りたくありませんので、
秘密基地指数はかなり高い物となるでしょう。
年齢により大きな差があるハシゴのアクティビティーを悪用した、
子ども思いの設計屋なのでした(笑)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
2階の子ども室がかなりオープンですので、
小さな隠れ家は子どもでも必要だと思っています。
内覧会当日は、
危険ですので小さなお子様の利用は制限する予定です。
期待させてゴメン!
posted by TOY-order at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

案内状完成!

「湯本の家」が竣工間近ですので
一眼レフカメラを首から提げて撮影に行って来ました。
目的は内覧会の案内状を作成しなければならないからです。
が、頑張って撮影したのに何故か曲がっている写真達・・・
取り敢えず案内状はこれで済まして、
再度撮影に行って来ます!

はがき001.jpg
(クリックで拡大します)

投函完了!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
古いお客様や友人など、
案内状の送付先のリストを作成していて口にした懐かしい方に
連続して出会いました。
会いたい人の名前は時々口にすると良いらしいぞぉ〜!(←ウンチク)
posted by TOY-order at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

「ハイブリッド暖房」って呼ぶ?

「湯本の家」は若干の手直し工事を残しておおよそ完成です。

暖房の試運転がまだですが、
工事中の室内を体感していますので上手くいく手応えは感じています。

今回はその暖房の話です。
以前にも書きましたが、
この家にはリビングから1段上がった畳敷きの食堂部分に
掘り炬燵があります。

既製品の掘り炬燵には電気のヒーターがセットで付いてきますが、
私の現場は床下温水暖房が標準装備・・・
そこで気が付きました。
「両方付けちゃえ作戦!」
yum7653.jpg

わかります?
掘り炬燵の黒いスノコの下に
電気のヒーターと床下暖房用ガラリがあります。
勿論ガラリの下には温水パネルヒーターが置かれています。

暖房が1ヶ所に2種類ダブっていますので勿体ないように見えますが、
そこは考え方です。
冬の夜に室温が徐々に下がり始めたとき、
あと数時間で家族は布団に入るわけですから
全室暖房のスイッチを入れるのはかなり無駄です。
しかし、
室温が17℃程度ですとなんとなく物足りない・・・
いや、
トイレに行くには問題ないけど、くつろぐにはちょっいと寒い!

そんなときは食堂の炬燵に足を入れると「寒くな〜ぃ♪」

炬燵に足を入れれば寒くない家なんて当たり前じゃないか!
そう思われるでしょうが、
床下暖房用パネルに温水が流れていないと
ほとんどガラリからの暖房感はありませんから、
電気ヒーターが付いていないと、
床下暖房のスイッチを入れたくなってしまうのですよ。

温水暖房のパネルは建物全体に配置してありますし、
暖房を切った後も温水は残っていて冷めるのに時間が掛かります。
寝た後までしばらく温かいのは無駄ですから、
夜の暖房タイマーが切れた後は電気による局所暖房に切り替え
さらなる省エネ住宅を目指すという作戦です。

この作戦は、
夜遅くまで受験勉強する子ども部屋などでも使えます。
建物全体を温めるのではなく、
電気ストーブなどで小さな空間だけを温めます。

高断熱の技術で
建物内の温度差を最小限に留めることができましたので、
今度は、省エネで快適な温度差を計画する方法を考えていきましょう!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
床下暖房を設定温度以下に室温が下がらない「ベース暖房」とし、
電気ストーブを足りないところを補う「補助暖房」とするのが
落しどころかな?
勿論、ベース暖房のみでも暖房は可能です。
posted by TOY-order at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

プラレールが入る予定です

「湯本の家」にも付きます。過去最高の4匹〜〜っ!(笑)

yum7546.jpg

6年前
歯医者さんの待合室にキッズコーナーを設けたとき
冗談半分で図面に落書きした「顔」なんですが、
小さいお子さんがいる家では毎回リクエストをいただく
謎のヒット商品!!

末っ子のプラレールが収納される予定です。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
脱衣室に温水暖房のパネルが付きました。
バスタオルを吊すとポカポカになります。
こちらも定番商品となっています。
yum7539.jpg
posted by TOY-order at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

緩やかな間仕切り

「湯本の家」は2階の子ども部屋に建具が入りました。

yum7541.jpg
2人で使いますので、成長に合わせて家具で仕切る計画です。
仕切るとかなり小さな部屋になりますので、
出入り口にそれぞれ3枚建ての引き戸を設けて、
大きく開放するとこんな感じ!

yum7542.jpg
部屋が広がって、勉強机が登場〜〜!

更に更に、
机の前の障子を開放すると、こんな感じ!

yum7545.jpg
1階の居間とつながります。

ダラダラとひとつながりの家です。
引き戸は好きな位置で止めることができるので
緩い仕切りとするにはモッテコイのアイテムですね。
子どもが大きくなって独立し部屋が不要になったら
扉6枚を外しワンルームとして使うことも可能です。
(何に使うかは、これからゆっくり考えましょうね!)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
日曜日ですが、明日締切りの資料を作成しています。
省エネ系のコンテストに入賞したため、
広報誌等に掲載されるパネルが必要になりました(←自慢なのかい?)
posted by TOY-order at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

建具工事中

「湯本の家」では建具工事が行われています。

yum7532.jpg
吹抜けに面したパソコンコーナーは、
その日の気分で障子を開けたり♪閉めたり♪
パソコンのケーブルをキレイに収納するケーブルラック付の机です。

yum7524.jpg
脱衣室には温水パネルヒーターが付きます。
裸になる部屋ですので他の部屋より暖かくするためです。
使う時間が限られていますので、水量調整バルブを付けました。
お風呂に入る少し前にバルブを開くのは手動制御!
浴室の出入り口近くですとタオルウォーマーにも使えます。
生憎、浴室の出入り口は脱衣室入り口の引き戸の戸袋ですので、
苦肉の策「木製パネル受け」を設置しました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
2月28日(土)、3月1日(日)の2日間
「湯本の家」完成内覧会を開催いたします。
暖房の試運転も兼ねておりますので、
床下暖房を是非体感してください。
posted by TOY-order at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

外ルーバー

「湯本の家」に外ルーバーが付きました。

この家のロフトは
夏に室内に籠もる熱気を排出させる装置になっています。
ロフトの窓は夏の間中開放しておくとどうなるか
実験させていただきます。

窓の前に日影ができるよう外ルーバーを設置しました。
yum7473.jpg

ロフトの窓を閉じて、
同じくロフトに設置した夏用換気扇を動かすとどうなるかも
実験する予定です。
「夏も快適な家」が、湯本の家の裏テーマです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ルーバーのデザインは難しいです・・・
下から見上げた姿と、遠くから見た姿が全く違います・・・
遠くからじっと見ないで下さい(赤面)
posted by TOY-order at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

好きです格子

「湯本の家」では大工工事も大詰めで
階段の手摺りや床ガラリなど、細かな作業が進められています。

yum112921.jpg

階段の手摺りは縦格子〜〜♪

きれー♪

きれー♪(←変なテンションです)


yum112814.jpg
床ガラリは塩ビ製・・・

ちょっと物足りないデザインですね・・・

格子の作成は手間が掛かります。
職人さんの手仕事が透けて見えない格子には魅力を感じません。

華奢なデザインは見れば分かりますから扱いが丁寧になります。
モノの寿命は扱う人の気持ち次第ではないかな?

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
週末の疲れが・・・眠い・・・
posted by TOY-order at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

階段の手摺り制作中

「湯本の家」の大工さんはかなり面倒な仕事をしています。
真面目な職人さんですので、
一緒に物づくりをしていて勉強になることがとても多い!

そんな職人さんにお願いしているのが階段の手摺りです。
hit7414.jpg

どんな仕上がりになるかは、もう暫くお待ち下さい。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
週末の現場見学会に向け、展示パネルを制作しています。
セミナーで発表する資料が間に合わない・・・

お知らせ:
いわきリエゾンオフィスの佐藤直美さんより、
講演会のご案内 → ここ
posted by TOY-order at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

手摺り

「湯本の家」の玄関ポーチに目隠しブロックが建ちました!

yum7334.jpg

穴あきブロック好きですので、
これまでもいくつかの家で積んでいます。
今回は玄関からリビングまで見通せてしまいますので
ちょっと小さい穴のものを選んでみました。

それから、
吹抜けの手摺りも付きました。
yum7336.jpg

yum7335.jpg

こぢんまりとした吹抜けですので、
柱のプロポーションに気を遣ったつもりなのですが
ちょっとゴツイですね・・・耐久性優先ということでっ!(←クルシイ)

2月末頃に内覧会を行う予定です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
横桟の手摺りは足が掛かるため、事故の原因になる場合があります。
今回はお客様と十分打ち合せをしてデザインを決めました。

業務連絡:
2月7日(土)8日(日)見学会 案内はこちら

2月8日(日)午後2時よりしゃべります。 2.8常陸太田プログラム.pdf
posted by TOY-order at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。